虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今季2010年の、阪神戦観戦を振り返って…。

2010年4月18日・対横浜戦・ビジター・デー・横浜スタジアム・○・8-4・安藤vs三浦

2010年4月29日・対東京ヤクルト戦・ビジター・ナイター・神宮球場・○・5-4・上園vsバーネット

2010年6月12日・対千葉ロッテ戦・ビジター・デー・千葉マリンスタジアム・○・4-2・久保vs吉見

2010年6月13日・対千葉ロッテ戦・ビジター・デー・千葉マリンスタジアム・●・8-9x(延長10回サヨナラ負け)・スタンリッジvs渡辺俊

2010年6月20日・対横浜戦・ビジター・デー・横浜スタジアム・●・6-14・フォッサムvs清水直

2010年6月26日・対東京ヤクルト戦・ビジター・デー・神宮球場・●・2-4・鶴vs石川

2010年7月4日・対巨人戦・ビジター・デー・東京ドーム・●・2-10・フォッサムvs東野

2010年7月18日・対東京ヤクルト戦・ビジター・ナイター・神宮球場・○・11-4・メッセンジャーvs由規

2010年8月28日・対東京ヤクルト戦・ビジター・ナイター・神宮球場・○・9-2・秋山vs中澤 (秋山プロ初勝利!)

今季成績:5勝4敗(通算成績:9勝14敗2分け1雨天中止)


まだペナントレースは終わってませんが、先週土曜日の28日で、今季の阪神戦観戦は終了しました。
昨年は4月から7連敗(最後の試合で遂に連敗脱出)と、なかなか勝ち試合に恵まれず、正直首脳陣や同じ失敗を繰り返す選手へ不信感を抱きました。

今年は家庭の事情により、計画していた遠征観戦が全て白紙となり、泣く泣く首都圏限定観戦となりました。

今季最初の観戦は、4月18日・横浜スタジアムでのベイスターズ戦でした。
前日に醜い守備を見せてしまったアニキが自らの決断で、フルイニング出場を止めた試合でしたね。
安藤は早川(今何してんだろ?)1人にやられて、1点差を迎えた8回、本来山口へ繋ぐセットアッパーになるはずだった牛田が、この試合で登板しなかった事が、結果的には大きかったかもしれません。
鳥谷と城島のヒットが出た後で飛び出したブラゼルの逆転場外アーチには、今までの悔しい事が一気に払拭された時でしたし、悲願の首都圏&浜スタ初勝利後、中華街で目元が少し潤いましたね。\(T∇T)/

2戦目は神宮での東京ヤクルト戦。
この試合では追いかける苦しい展開でしたが、同点に追いついた後は、併殺崩れが決勝点となる、何とも締まらない試合でしたが、浜スタに続いて神宮でも観戦初勝利でした。

5月は首都圏で休日に試合が行われなかった為、6月の交流戦・対千葉ロッテ戦。
かつてマリーンズに在籍した久保は特徴を思い出すようなピッチングで、古巣をキリキリ舞いにし、打ってはブラゼル・城島・アニキの本塁打が飛び出して、浜スタ・神宮に続いて地元・千葉マリンでも観戦初勝利で3連勝と正直浮かれてました。

しかし翌日の日曜日から、まさか連敗街道の悪夢が再現するとは、この時点で全く思ってませんでした。

日曜日は途中入団のスタンリッジが大炎上し、夜行性である事が明るみになりました。(今を思えば、日本球界でのブランクが一番の原因かも)
しかし、猛追撃で土壇場9回、同点に追いついたものの延長で球児が一発を浴びてまさかのサヨナラ負け初体験で、観戦連勝が3でストップ。

この土日から何と4週連続で阪神戦5試合を観戦しましたが、千葉マリンの翌週、浜スタでの横浜戦ではフォッ寒と金村暁の大炎上で惨敗を喫し、更に翌週の神宮での東京ヤクルト戦では、西村が本塁打2発を浴び、まさかの逆転負けを喫しました。(ギネスに挑戦乾杯イベントで、アントニオ猪木が来ましたっけ。)
更に更に翌週、初観戦以来15年ぶりに観戦した東京ドームでの巨人戦では、またしてもフォッ寒の大炎上を見る羽目になり、これでフォッ寒が全く信用出来なくなりました。(怒)
この3連勝後の4連敗で通算観戦成績が逆Wスコアになり、昨年のトラウマから再び首脳陣や特定選手へ不信感を抱くようになりました。

しかし、連敗はいつか止まるものです。
次回観戦となった神宮での東京ヤクルト戦では、6回まで由規の前に僅か3安打と封じられ、またしても連敗が続く事を覚悟しました。
しかし蓋を開けてみれば、今まで苦しんでいた打線が大爆発し、由規をKOした後でも爆発を続け、痛快爽快な逆転勝利で連敗が4で止まって、今季観戦成績を五分に戻し、神宮観戦2勝目。

今月は巨人戦が東京ドームでありましたが、チケットが取れず断念し(結果的には3タテを食らったので取れなくて正解でした。苦笑)、一昨日の神宮が今季観戦最終戦でした。
今季4回目の神宮観戦では、秋山のプロ初勝利の瞬間に立ち会えて良かったです。
しかも、神宮3勝目で借金を完済出来ましたし。
アニキのフルイニング出場ストップに始まり、秋山のプロ初勝利で締めくくる、山あり谷ありの今シーズンでした。

9試合観戦して、5勝4敗と1つの貯金が出来、通算観戦成績の借金は1つ減って5つとなりました。

今まで首都圏に長年住んでいながら、勝ち試合を1つも見られなかったので、この5つの白星は嬉しいですね。

横浜スタジアム、神宮球場、千葉マリンスタジアムで遂に勝ち試合を見られましたが、東京ドームでは初観戦同様惨敗でした。
まだ、首都圏で唯一西武ドームへ行った事がないので、来年の休日にでも行きたいですね。(但し、東京ドームでは憎き巨人ファンと呉越同舟状態を覚悟しなければなりませんが。)
そして、もし余裕が出来たら遠征観戦したいですね。
あと残りおよそ1ヶ月間(最長2ヶ月間)はテレビ・ラジオ・Twitterを通じて、タイガースを応援します。

今季はここまで、祝福・激励して頂き、誠にありがとうございました。m(_ _)m
スポンサーサイト
  1. 2010/08/30(月) 20:07:15|
  2. 阪神戦観戦試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

8月29日・113戦目 ●東京ヤクルト5-12阪神○(神宮)

神 130 022 040=12
ヤ 100 200 002=5
[投手]
(阪神)
久保-西村-福原-鶴
(ヤクルト)
山本斉-松井光-押本-松岡-橋本
[勝ち投手]
久保 12勝 5敗
[負け投手]
山本斉 1敗
[本塁打]
(阪神)
金本13号ソロ
城島23号ソロ
城島24号ツーラン
鳥谷16号ツーラン
ブラゼル38号スリーラン
(ヤクルト)
青木11号ソロ
畠山10号ツーラン


今日は長期ロード最終戦でしたが、序盤は点の取り合いでした。
初回、鳥谷がタイムリーを打てば、その裏には青木が先頭打者アーチで同点に。
続く2回にはアニキ・城島の連続アーチ、鳥谷のタイムリーで3点を勝ち越して、スワローズのプロ入り2度目の先発となる山本斉にプロの洗礼を浴びせてKOすれば、4回裏には畠山の2ランで1点差へ迫られます。

しかし、5回に城島が松井光介から、この試合2本目となる2ランでお返しし、続く6回には押本から鳥谷が2ラン、更に8回には松岡から、鳥谷のタイムリーと、最近不振に喘ぐブラゼルがトドメの3ランなどで4点を入れ試合を決めました。

一方、中4日登板となった久保は6回3失点。
その後は西村、福原へと繋げ、今日の先発じゃないかと思われた鶴が2点失いましたが、大量リードが効いて連勝し、今季のスワローズ戦勝ち越しを決めました。

中4日で久保を先発させるのには反対でした。
正直、今後の久保の体が心配です。
一応、中4日を考慮して6回で降板しましたが、今後無謀な先発起用を止めて、6人で回して欲しいですね。
スワローズが二桁借金を一気に返済する程勢いに乗ったのは、この先発6人制が功を奏したからだと言われてます。
石川・村中・由規・館山・中澤を軸とし、6人目を育成枠として、色んな投手に先発起用しているんだそうです。(本来はバーネットでしたが。)
その1人として起用されたのが、山本斉でした。
今日はタイガース打線がプロの洗礼を存分に浴びせましたが、この起用法を参考にして欲しいです。

ただ、鶴がなぜ先発復帰出来ないのか、その理由は2失点した事と、投球内容の悪い課題がまだ解消されてないからだと言う事が、今日の試合でよく分かりました。
早くこの課題を自らの力で解消して、先発へ復帰して欲しいですね。

一方の打線はマートンが2試合連続4安打と大当たり。
流石、スワローズ戦で打率4割以上を誇るだけありますね。
鳥谷も城島も大暴れ、アニキも一発を放ち、不振に喘いだブラゼルが久しぶりの一発を放ちました。
トップを独走しているラミレスとの差は4本。
早くこの差を縮めて、逆転でホームランキングを奪取して欲しいですね。

長期ロードは負け越しが決まりましたが、10勝13敗と借金は3で済みました。

火曜日から甲子園へ戻ります。
相手は今日中日相手に勝ち越した横浜です。
今はダントツの最下位ですけど、決して侮れません。
8月・9月は横浜にやられる印象が強いからです。
2年前はこれが影響して、リーグ優勝を逃しました。

火曜日からの戦い、取れる試合を取って、着実に白星を積み重ねて欲しいですね。
  1. 2010/08/29(日) 22:33:26|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

8月28日・112戦目 ●東京ヤクルト2-9阪神○(神宮)

神 101 011 005=9
ヤ 010 000 001=2
[投手]
(阪神)
秋山-西村-久保田-藤川
(ヤクルト)
中沢-松井光-押本-渡辺-デラクルス-佐藤
[勝ち投手]
秋山 1勝 1敗
[負け投手]
中沢 7勝 8敗
[本塁打]
(阪神)
マートン15号ソロ
新井16号ソロ


今日は秋山vs中澤のルーキー対決でしたが、守備の差が明暗を分けました。
タイガースはマートンや平野、鳥谷など好守備が目立ち秋山を助けたのに対し、スワローズは初回から中澤自らの牽制悪送球で先制を許し、ホワイトセルのエラーが失点へ繋がりましたから。

まさに一丸で、秋山にプロ初勝利を!の執念を感じ取った試合でしたね。

その秋山は、前回登板より球速が140km/hを越える事が時々ありました。(ただ、スワローズ・由規が日本人最高の161km/hを出したのが、実は神宮自体のスピードガンが速めらしいので、これを素直に受け入れるかどうかは、その人次第ですね。苦笑)
ただ、変化球の制球に苦しんだせいか、四死球が前回より多めでした。
しかしながら、味方の好守備で秋山を盛り立てて、秋山自身も粘りのピッチングで5回1失点と、セ・リーグ台風の目になっているスワローズ相手に好投しました。

打線はマートン、新井のソロホームランなどで4点を入れて中澤をKOした後、最終回にスワローズの中継ぎであるデラクルスと佐藤から、マートンの走者一掃3点タイムリーなどで5点を入れて試合を決めました。
しかも首位・巨人が敗れた為、首位奪回しました。(もうこれで首位奪回は何度目なんだか。苦笑)

これで秋山は2試合目の登板で遂にプロ初勝利を記録しました。
高卒ルーキーでは24年ぶり、遠山奨志(当時は昭治)・現育成コーチ以来の快挙だそうです。
しかも、タイガースの歴史では、江夏さん、御子柴さん、遠山コーチに続いて4人目。
秋山、プロ初勝利おめでとう!!\(≧∀≦)/

この瞬間に立ち会えて、僕は嬉しいです。

僕の今季観戦は、アニキのフルイニング出場ストップから始まりました。
ハマスタで観戦15年目にして悲願の首都圏観戦初勝利後、神宮でも千葉マリンでも初めて勝ち試合を見られました。
しかも神宮に至っては、3勝1敗で、神宮での観戦借金を3勝3敗1分けと、遂に完済出来ました。

ただ、東京ドームでは最悪でしたし、千葉マリンもハマスタも連勝出来なかったのが悔しいし、残念ですね。

来年は1つでも多く観戦借金完済へ向けて勝ち試合を多く見たいですし、東京ドームと西武ドームで観戦初勝利の瞬間に立ち会いたいです。
そして、余裕がもし出来たなら、遠征観戦したいです。

僕の今季阪神戦観戦は終わりましたが、ペナントは残りおよそ1ヶ月あり、明日で長期ロードは終わります。
明日絶対に勝って、甲子園へ帰って来て欲しいですね。(*^∀^*)
  1. 2010/08/28(土) 23:05:32|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

秋山プロ初勝利&神宮観戦3勝目で、今季観戦締め!!


今季観戦を白星で締めくくり、秋山プロ初勝利の瞬間を見届けました!\(≧∀≦)/

これで今季の阪神戦観戦はおしまいですが、来年は東京ドームと西武ドームで観戦初勝利を願いたいですし、何よりも観戦借金を一つでも多く返済したいです。
特にハマスタと千葉マリンはね。(ただ、今年からマリサポと掛け持ちしましたから、気分はビミョーですけどね。汗)

あと残り1ヶ月は、5年ぶりのリーグ優勝、四半世紀ぶりの日本一へ向け、テレビ・ラジオ・Twitterにて応援します!o(^▽^)o
  1. 2010/08/28(土) 22:15:55|
  2. 阪神戦観戦試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5回終了



5回を終えて3-1。
秋山は勝ち投手の権利を得ました。
ただ、援護がまだまだ少ないですね。
早く中澤をKOして欲しいですね。(;-.-)=3

神宮では花火が打ち上げられました。
た~まや~!\(^o^)/

ちなみに、踊るおっちゃん達が、僕の左側、真横の視界に入ったので写しました。wwwwwwwww
  1. 2010/08/28(土) 19:55:10|
  2. 阪神戦観戦試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神宮球場にて今季最後の第9戦目観戦



今、神宮球場にいます。
これから今季最後の観戦をします。
絶対に白星でフィニッシュして、貯金1で観戦通算借金6へ減らしたいですね。

応援頑張ります!(^o^)/ 続きを読む
  1. 2010/08/28(土) 17:34:31|
  2. 阪神戦観戦試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月27日・111戦目 ○東京ヤクルト6-0阪神●(神宮)

神 000 000 000=0
ヤ 000 202 02X=6
[投手]
(阪神)
メッセンジャー-江草-桟原
(ヤクルト)
館山
[勝ち投手]
館山 8勝 5敗
[負け投手]
メッセンジャー 3勝 4敗
[本塁打]
(ヤクルト)
ホワイトセル13号ツーラン
飯原13号ツーラン


今日は一言、メッセンジャーに打線の援護が全くありませんでした。
しかも、二塁すら踏めない完敗劇。┓(´へ`;)┏
正直、一昨日の球団記録・22得点の罠に、まんまと嵌ってしまったんでしょうね。┓(´へ`;)┏
昨日も今日も、バットが湿ったまんまでしたし。

しかし、今日の事は一切忘れましょう。

僕は明日の試合を楽しみにしてますから。
明日は僕が観戦する今季最後の試合となりそうです。
その試合、タイガースは恐らく中6日で高卒ルーキー・秋山が先発すると思われます。
対するスワローズは大学・社会人ルーキーの中澤でしょう。

明日、僕は秋山のプロ初勝利を願って、精一杯の応援頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします!(^o^)/

絶対勝つぞ!タイガース!!(`o´)/
  1. 2010/08/27(金) 22:38:06|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

8月26日・110戦目 ●阪神(大阪タイガース)1-6広島○(京セラドーム大阪)

広 011 020 020=6
神 001 000 000=1
[投手]
(広島)
スタルツ-横山
(阪神)
下柳-福原-江草-西村-渡辺
[勝ち投手]
スタルツ 5勝 9敗
[負け投手]
下柳 6勝 7敗


今日は過去3勝とカモにしているはずのスタルツに、スライダーやチェンジアップを低めに集められ、ゴロの山を築き上げ、投げては先発の下さんが二軍調整したにもかかわらず、不調でカープ打線に打たれてKOされ、リリーフした江草も止められず、完敗でした。

やはり大量得点の翌日は、打線が湿ってます。
ただ、横浜相手には3タテ出来たのに、なぜ同じ目標を失っている広島に負け越したんでしょうかね?(;-"-)

更に納得出来ないのは、5点リードされている場面での西村投入。
真弓に久保!実質1年目の西村を壊したいのかよ!!ヽ(*▼皿▼*)ノ
正直、今の首脳陣にはほとんど辞めて欲しいわ!!
ついでにフロントの責任者連中も揃って、自らのクビを切ったらどうなんだよ!!(`へ´)=3
お前等は甘過ぎるん違うか!?ヽ(*`皿´*)ノ

しかも、アニキは今日また守備で足を引っ張りました。

もういい加減にして欲しいですな。
目先の勝利とベテランのプライド、どっちが大事なんですか?
プロは勝ってナンボ、結果出してナンボの厳しい世界です。
正直真弓阪神は、その点でプロとは思えないですね。(-_-メ)
いくら自分自身が40過ぎてまだやれるのに、引退勧告された無念を、衰えが隠せないアラフォーカルテットに託すのは、何考えてんだ!と思いますよ。(`へ´)=3
普通の監督なら、力が明らかに衰えたアラフォーカルテットなんか、誰一人とも一軍で起用しませんよ。
このチームは異常ですわ。(`へ´)=3

明日からはCSを狙える圏内まで迫りつつあるスワローズとの対戦です。
ただ、館山と中澤以外は谷間なので、少しは戦いやすいかもしれませんが、こっちが逆に谷間だらけなので、不安です。(´へ`;)ハァ
秋山には期待してはいますけど。
絶対勝ち越して、我が家・甲子園へ帰って来て欲しいですね。(;-.-)=3
  1. 2010/08/26(木) 22:40:37|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

8月25日・109戦目 ○阪神(大阪タイガース)22-8広島●(京セラドーム大阪)

広 304 100
神 210 002
  000=8
  710X=22
[投手]
(広島)
今村-青木高-岸本-大島-梅津
(阪神)
安藤-鶴-藤原-渡辺-久保田-福原
[勝ち投手]
渡辺 2勝 2敗
[負け投手]
岸本 1勝 2敗
[本塁打]
(広島)
嶋11号ツーラン
岩本10号ツーラン
(阪神)
城島22号ツーラン
金本12号満塁
浅井3号ツーラン
鳥谷15号スリーラン
桧山1号スリーラン


今日は嬉しい点あり、怒る点ありと両極端な試合でした。
先発はタイガースが安藤、カープが高卒ルーキーの今村でした。
安藤は立ち上がりから、相変わらずの不安定で初回に3点、味方打線の援護で同点にして貰ったにもかかわらず、嶋と岩本に連続2ランを浴びて3回途中7失点KO。ヽ(*▼皿▼*)ノ
嶋と岩本に打たれた球は高めでしたから、どうしようもありませんね!(`へ´)=3
もう、背番号16を返上してくれませんか?(-_-メ)
もう、安藤はぶっちゃけ、なんちゃってエースですし、タイガースのエースとは絶対に認めません!ヽ(*`皿´*)ノ

最大5点ビハインド、しかも最近は打線が拙攻続きと、正直期待してませんでした。

しかし、城島が反撃の狼煙を上げる2ランを6回に放つと、続く7回には押し出しで1点差を詰め、満塁の場面でアニキがグランドスラムを放って遂に逆転!
ラッキー7に7点を取った後、8回には広島5番手・梅津をメッタ打ちにして、一気に二桁10得点で22点と、5年前に記録した21点を更新して、圧勝で連敗を脱出し、巨人が中日に敗れた為、1日で首位を奪い返しました。

実はかつての球団記録のこの試合、観戦記録の欄を見て頂ければ分かりますが、僕が初めて甲子園での阪神戦を生観戦した試合なんです。(笑)
この試合、奇しくも今日と対戦相手も、タイガースの先発投手も、全く同じなんです。
この時の安藤は試合を作ってましたが、今日の安藤は…!!ヽ(*`皿´*)ノ
しかも、死球連発で警告試合になった事も同じでしたっけ。(苦笑)

それにしても、今日は京セラ大花火大会でしたね。
広島は嶋と岩本にホームランが出ましたが、阪神は城島、アニキ、浅井、鳥谷、ひーやんと5発!(゜o゜;)
上本も途中出場ながら、プロ入り初安打が初打点となるタイムリーを打ちましたし。
上本、おめでとう!(*^-^)b

再び投手陣の話に戻りましたが、なぜ2番手に鶴を起用したのか理解出来ません。
先発不足に悩まされているのに、鶴の先発復帰はないのでしょうか?
同じような事は江草についても言えますし。
全く、久保はいい加減にして欲しいですな!(`へ´)=3

明日も勝って、長期ロード最後のカードとなる神宮へ行って欲しいですね。(^人^)
  1. 2010/08/25(水) 23:28:59|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

8月24日・108戦目 ●阪神(大阪タイガース)4-5広島○(京セラドーム大阪)

広 020 101 001=5
神 310 000 000=4
[投手]
(広島)
篠田-大島-チューク-横山
(阪神)
久保-江草-西村-久保田-藤川
[勝ち投手]
チューク 1勝 1S
[負け投手]
藤川 3勝 2敗 21S
[セーブ]
横山 2勝 1敗 6S
[本塁打]
(広島)
岩本9号ツーラン
嶋10号ソロ
(阪神)
鳥谷14号ツーラン


今日から3日間、今度はホームで大阪タイガース時代の復刻版ユニを着用します。

折角初回に鳥谷の2ランなどで3点先制の援護を貰ったのに、すぐさま2点返されたり、ピッチャーの篠田にまたしてもタイムリーを打たれたりで、リードを吐き出す不安定なピッチングで、久保は6回途中にまさかのKOを食らいました。

そして、9回に登場した守護神・球児が嶋にまさかの勝ち越し被弾で、4連敗を喫しました。

打線も3回以降、僅か2安打では勝てません。
しかも、7回には平野が篠田の投球を頭に受け、篠田が退場した後でホームランを打っている鳥谷にバントを命じる有様。石橋を叩き過ぎて壊している采配じゃあ、首脳陣は勝ちたくないんか?と疑問に思いますよ。(○`ε´○)
ホンマにエエ加減にせぇや!!ヽ(*▼皿▼*)ノ

球児も間隔が空いていたとは言え、あまりにも不注意過ぎですよ。
一時期の「本塁打厳禁」はどこへ消えたんですか?(○`ε´○)

エース・久保を立てて、逆転負けはあまりにも痛いです。
しかも、天敵・篠田へ遂に対阪神戦初黒星をつける大チャンスを逃したのだから、悔しいどころじゃないですね!(`へ´)=3

今日こそ連敗を脱出して欲しいです。
今日先発が予想される高卒ルーキー・今村へプロ初勝利をプレゼントするな~~~~~!!ヽ(*`皿´*)ノ
  1. 2010/08/25(水) 07:49:07|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

8月22日・107戦目 ○巨人3-0阪神●(東京ドーム)

神 000 000 000=0
巨 102 000 00X=3
[投手]
(阪神)
メッセンジャー-鶴-江草-久保田
(巨人)
朝井-久保-山口-クルーン
[勝ち投手]
朝井 2勝 1敗
[負け投手]
メッセンジャー 3勝 3敗
[セーブ]
クルーン 3勝 2敗 18S
[本塁打]
(巨人)
坂本24号ソロ


正直、呆れました。
宿敵・巨人に3タテをものの見事に食らったんですから。┓( ̄へ ̄;)┏

この3連戦で阿部が復帰して、調子を乗せてしまったのが、3タテの原因だと思いますし、ナゴヤドームで眠っていた打線に火を点けちゃったのが、金曜日先発の小嶋でしたね。(-_-メ)

それに、目標を完全に失った横浜を3タテして、しかも全て二桁得点でしたから、東京ドームで鈍ってしまったのかもしれません。
更に拙攻が多いようでは、勝てる訳がありません。┓( ̄へ ̄;)┏

もう、東京ドームでの試合は、今季のペナントではもう行われませんが、今後の対巨人戦での戦い方に疑問を残す3日間でした。

しかも、パ・リーグ最下位の楽天で出番がなくて、巨人へ移籍した朝井みたいな三流ピッチャーに打線が捻られるとは、あまりにも情けなさ過ぎますわ。(`へ´)=3

そして、メッセンジャーを中4日で先発起用する、無謀な采配をして結果がこれですから、そりゃあ東京ドームへ駆けつけた阪神ファンも怒り心頭でしょう。(○`ε´○)
本来なら、昨日一軍へ上げた江草なんじゃないですか?(;-"-)
昨日の試合だって、守備を固めて、打線の援護さえもっとあれば、勝ち試合だったんです。

首脳陣も選手達も、明日の休みで頭を冷やしてから、火曜日からの京セラドーム大阪での広島戦から出直せや、コラ~~~~~!!ヽ(*▼皿▼*)ノ
首脳陣やい、勝ちたくないんか、コラ!!ヽ(*`皿´*)ノ

それ位、僕は怒り心頭なんですから!(`へ´)=3
  1. 2010/08/22(日) 19:35:05|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

8月21日・106戦目 ○巨人8-3阪神●(東京ドーム)

神 101 100 000=3
巨 020 002 40X=8
[投手]
(阪神)
秋山-西村-福原
(巨人)
福田-高木-久保-山口-クルーン
[勝ち投手]
高木 1勝
[負け投手]
秋山 1敗
[本塁打]
(阪神)
マートン14号ソロ
金本11号ソロ
(巨人)
阿部37号スリーラン


今日の先発は、高卒ルーキーで今日がプロ初登板初先発の秋山でしたが、内容的にはまあまあだと思います。
6回にリードを守れず逆転されてしまい、6回4失点(奪三振は5個、しかもラミレスから2奪三振!)でマウンドを降りましたが、僕としては東京ドームでの巨人戦だけに(しかも高卒ルーキーの巨人戦先発登板は球団史上初!)、責める事は決して出来ません。
悔しさから、ベンチで涙を流しましたけど、人は涙の数だけ成長するものですから、この悔し涙をバネにして、次回先発登板で今日の課題を修正して、プロ初勝利を掴み取って欲しいと思います。

むしろ責められるべきなのは、打線が単発過ぎて、3点しか援護してやれなかった事ですね。
どんだけ、巨人の先発・福田を攻め倦ねたら気が済むんだか。(`へ´)=3

秋山の後を継いだ西村も、僅差のリードを広げてしまったので、これに関しては頂けません。

そして、城島が2日連続で阿部にやられ放題なのはムカつきますね!ヽ(*`皿´*)ノ
もう、いい加減自分のイケイケ単調リードが大量失点を招く事に気がついて欲しいですな!(`へ´)=3

明日はスポーツ紙上では、メッセンジャーの中4日登板と予想してましたが、僕は正直反対です。
スタンリッジは中6日を守って先発登板したのに、中5日になってたりで無謀な起用をしたから、背筋や腰に来たんじゃないかと思います。
それと同じ理由で、メッセンジャーの中4日登板をしないで欲しいのです。
確かに今のチームには先発は足りませんけど、無いものねだりしても無駄なので、頭を働かせて欲しいです。
幸い、今日江草が一軍選手登録されたので、明日は江草を先発起用して欲しいです。
相手は間違いなく、今季途中楽天からトレードで来た朝井でしょう。
巨人に負け続けのままでは終われません。
絶対勝って欲しいです。
その為にも打線よ、序盤から猛奮起せぇや~~~~~!!ヽ(*`皿´*)ノ
  1. 2010/08/21(土) 18:35:38|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

2010夏の甲子園決勝戦 ○興南(沖縄)13-1東海大相模(神奈川)●

12年ぶりの春夏連覇を達成し、沖縄へ初めて深紅の優勝旗が渡るのか。
はたまた、33年ぶり甲子園出場の勢いで、40年ぶり2度目の夏全国制覇なるか。

第92回全国高等学校野球選手権大会は、千秋楽の決勝戦を行いました。

試合は興南が中盤4回に集中打で7点を先制し、5回に1点、6回には春も大活躍したキャプテン・我如古君のホームランなどで5点を入れ、一二三君をマウンドから引きずりおろしました。

一方の東海大相模は、3連投の一二三君が遂に力尽き、打線も7回に伊地知君のタイムリーで一矢を報いるのが精一杯でした。

結果、興南が大勝で東海大相模を下し、横浜以来12年ぶり史上6校目の春夏連覇を達成し、深紅の大優勝旗が3度目の正直で、遂に沖縄へと渡りました。


東 000 000 100=1
興 000 715 00X=13

[バッテリー]
(東海大相模)
一二三-江川=大城卓
(興南)
島袋=山川

※興南は初優勝=史上6校目の春夏連覇達成


正直、興南は春夏共に強かったです。
ピッチャーは好投手左腕・島袋君を擁し、打線はどこからでも打てて切れ目がなく、更に機動力を駆使するんですから、死角らしい死角がどこにも見当たりませんでした。
唯一、苦しんだのは準決勝の報徳学園戦でした。
序盤で5点ビハインドの苦しい展開でしたから。
それをものの見事にひっくり返しての勝利ですから、センバツ王者の底力を垣間見ましたね。

一方、40年ぶり2度目の全国制覇の夢が破れた東海大相模は、センバツ初戦敗退の無念を晴らせたのではないかと思います。
センバツは関東大会優勝校の肩書きを引っさげて登場しましたが、春夏通じて初出場の自由ヶ丘(福岡)に、まさかの初戦敗退を喫しました。
更に一二三君は制球に苦しみ、投球フォームを上手投げからサイドスローへ転向して、やっとモノにしてから、今大会でセンバツの雪辱を果たしました。

高校球児の暑い夏は、興南の春夏連覇で幕を閉じました。
来年の春夏は誰が大会の主役になるのか。
先ずは、この秋からの地区大会を楽しみにしたいですね。
この地区大会は来年のセンバツを占う選考基準なんですから。

高校球児達、今年も長くて暑い夏を楽しませてくれてありがとう。
  1. 2010/08/21(土) 15:52:06|
  2. 2010年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月20日・105戦目 ○巨人12-5阪神●(東京ドーム)

神 010 102 001=5
巨 220 031 13X=12
[投手]
(阪神)
小嶋-鶴-福原-久保田-藤原-川崎
(巨人)
ゴンザレス-久保-山口-越智-マイケル
[勝ち投手]
ゴンザレス 4勝 9敗
[負け投手]
小嶋 3敗
[本塁打]
(巨人)
坂本23号ツーラン
ラミレス39号ソロ
阿部36号ソロ
E・ゴンザレス11号ツーラン

正直、小嶋は巨人に通用しない事が分かりましたね。_| ̄|○
小嶋はプロ入り後、怪我は多いわ、力は落ちるわで、このまま未完の器で終わるんじゃないか不安ですね。
小嶋の早過ぎるKOが原因なのか、2番手の鶴を除いてリリーフ4投手が全て失点と、完全に試合を壊しました。

打線も復刻版の頃はどこへやら、元通りに戻ったら二桁安打を打っても点に繋がらない拙攻のオンパレードでは、勝てるわきゃないですね。┓( ̄へ ̄;)┏

リリーフはルーキーの藤原と無失点で若手の鶴を除けば中堅投手ばかりで、正直失望してます。(-_-メ)
特に福原と久保田は同じ失敗を繰り返してばかり…!ヽ(*`皿´*)ノ

ただ、正直投手陣崩壊の原因はピッチャーは勿論の事、城島のイケイケで単調かつ同じ球を繰り返すリードにもあるんじゃないかと思います。
真弓も投手陣の事に関しては、久保に丸投げですし。┓( ̄へ ̄;)┏
まったく、どいつもこいつも何考えてんだ!!(`へ´)=3

明日は高卒ルーキー・秋山がプロ入り初登板初先発のようなので、打線の大量援護を強く望みます。(;-.-)=3
  1. 2010/08/20(金) 22:10:01|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

2010夏の甲子園準決勝

興南(沖縄)6―5報徳学園(兵庫)

東海大相模(神奈川)11―7成田(千葉)


夏の甲子園、残すは準決勝と決勝戦のみです。

第一試合は、春夏連覇を目指すセンバツ王者の興南が、序盤の5点ビハインドをひっくり返す逆転劇で、粘る報徳学園を振り切って、センバツに続いての決勝戦進出を果たしました。
エース・島袋君は、連投の疲れからか、序盤から報徳学園打線に狙い打たれましたが、徐々に立ち直り、味方打線の援護で逆転して貰ってから本領を発揮し、僅差で逃げ切りました。
報徳学園は序盤、島袋君攻略に成功し、最大5点リードしたものの、先発したエース・大西君がつかまり、一年生ピッチャー・田村君へ継投したが、一度火の点いた打線を止められず、29年ぶりの決勝戦進出の夢は消えました。

第二試合は逆転、また逆転の試合展開になり、成田・中川君、東海大相模・一二三君の両投手に疲れが出て乱打戦になりましたが、東海大相模が成田を下して、全国制覇した1970年以来40年ぶりの決勝戦進出を果たしました。
ピッチングでは連投の影響で不調だった一二三君は、打つ方では4安打と大当たりでした。
成田は3回に5点を取って逆転しましたが、一時最大3点あったリードを、中川君が打ち込まれた事により守り切れず、2ラン犠牲フライ(センターの岡君が捕球後落球し、二塁走者に隙を見せた)と、無死1・2塁の場面で、3番の金子君が2併殺に倒れるなど、攻守にミスが出た事が響いて、初の決勝戦進出の夢は準決勝で砕け散りました。

千葉県民の1人として、県勢10年ぶりの決勝戦進出を期待してましたが、ここまで1人で投げ切った中川君の疲労感は隠せませんでしたね。(涙)
結果論ですが、上記のようなミスが出なければ、相模に勝ってたと個人的には思うので、その点は非常に悔しいです。゜・(≧皿≦)・°・
けど、ここまで勝ち残った事は嬉しいですし、良く頑張ったと思います。
成田高校野球部の皆さん、長い夏をありがとう。
そして、お疲れ様。

報徳学園も、野球部員全員によるチームワークと言う名の絆が出来てましたね。
お疲れ様でした。


これにより、決勝戦の対戦カードは、

興南(沖縄)vs東海大相模(神奈川)

に決定しました。
島袋君・一二三君共に、連投の疲労感は抜けていないと思います。
特に一二三君は準々決勝から3連投ですから、その点では不利だと思います。

興南が、松坂大輔等を擁して春夏連覇を達成した横浜以来、12年ぶり史上6校目の春夏連覇達成なるか?
そして、深紅の優勝旗が初めて沖縄へ渡る悲願が成就なるか?

はたまた東海大相模が40年ぶり2回目、神奈川県勢として横浜以来、12年ぶりの全国制覇なるか?

試合は21日正午頃に開始される予定です。

昨年は9回二死から驚異の粘りをみせた決勝戦で、今年はどんなドラマが展開されるのか、こう御期待!
  1. 2010/08/20(金) 21:21:44|
  2. 2010年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月19日・104戦目 ●横浜(横浜大洋ホエールズ)4-10阪神(大阪タイガース)○(横浜スタジアム)

神 003 041 020=10
横 100 002 010=4
[投手]
(阪神)
安藤-藤原-西村-福原-鶴
(横浜)
藤江-江尻-松山-篠原-弥太郎-加藤-福田
[勝ち投手]
安藤 2勝 3敗
[負け投手]
藤江 1勝 2敗
[本塁打]
(阪神)
新井15号ツーラン
(横浜)
村田19号ソロ


今日の先発は、タイガースが久しぶりに先発として復帰せざるをえなくなった、なんちゃってエース・安藤(僕は久保が今のタイガースのエースだと思ってますので。)、ホエールズが開幕カードでプロ初勝利を献上してしまった藤江でした。

安藤は初回、ハーパーに犠牲フライを打たれて先制を許しますが、このカード2試合連続二桁得点の平成ダイナマイト打線(勝手に命名しました。笑)が安藤を援護します。
3回表に黒羽根の捕逸と、新井の2点タイムリーで3点を入れて、たちまち逆転した後、5回表に新井とブラゼルのタイムリーで、藤江をリベンジのKO!
更に代わった2番手・江尻から林ちゃんのタイムリーなどで、この回4点を追加します。

しかし、安藤はピリッとせず、6回裏藤田と村田のタイムリー2本を打たれた所でKO。(○`ε´○)

しかし、8回表新井がダメ押しの2ランを放ち、試合を決定付け、開幕カードでプロ初勝利を献上した藤江に、リベンジの黒星を付けました。
ただ福原はその裏、村田に一発を打たれましたが。(怒)

新井大選手(笑)は猛打賞6打点の大活躍で、4番の威力を見せつけました。
更に今日は先発全員安打でした。(*^-^)b

安藤は開幕以来、久しぶりに勝ち投手にはなりましたが、もうゲームメイクピッチャーと割り切った方が良いのかもしれませんね。(;-.-)=3
6回途中でKOされる時点で、情けないです。(;-"-)
打線の大量援護がなければ、逆に負け投手となってたかもしれませんから。(;-.-)=3

しかしながら、横浜大洋ホエールズに3タテを食らわせたのは、言うまでもなくブラックタイガースの色から来る威圧感なのかもしれません。(笑)

ただ、残念ながらこのユニフォームは来週の火曜日までお預けで、今度は京セラドーム大阪で広島と対戦します。

週末は東京ドームでの巨人戦ですが、ナゴヤドームで打線は不振、投手は失点とオレ竜に3タテを食らい、3位へ転落しました。(* ̄m ̄)
落ち目のウサギを更に落とす為に、3連覇された悔しさを存分に晴らす為に3タテを食らわせたいですね。

ただ、不安な点として、このカードで先発する予定だったスタンリッジが今日、腰痛の為に一軍選手登録から抹消されました。(´へ`;)ハァ
正直、誰が明日からのカードで投げるのか分からなくなりました。
ラジオ情報では、高卒ルーキー・秋山と、小嶋が一軍へ合流したそうなので、この2人は確実だと思いますけど、あと1人が今日リリーフ登板した鶴なのか、今二軍にいる江草なのか、今リリーフ要員になっている福原(怒)なのか。
いくら何でも、メッセンジャーを中4日で酷使するのだけは止めて欲しいです。

ただ、巨人も正直ゴンザレスと福田と楽天から移籍した朝井ぐらいなんですよね。
オビスポは枠の関係でありえませんし。(グライシンガー・クルーン・ゴンザレス・エドガーが一軍にいるので。)

けど、是が非でも巨人に引導を渡す為にも3タテを食らわせて欲しいですね。
  1. 2010/08/19(木) 22:38:20|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

2010夏の甲子園第十三日目

東海大相模(神奈川)10―3九州学院(熊本)

報徳学園(兵庫)2―1新潟明訓(新潟)


夏の甲子園は第十三日目を迎え、準々決勝の残り2試合が行われました。

第一試合は、試合を優位に進めていた東海大相模が、終盤に九州学院を突き放して、全国制覇した1970年以来、40年ぶりのベスト4進出を決めました。
注目の好投手・一二三君は3失点完投勝利で、課題の制球面も、与えた四死球は僅か1個と、解消されました。
九州学院は一二三君から、終盤に3点をもぎ取りましたが、エース・渡辺君が打球の直撃を受けて負傷交代せざるをえなくなり、代わった投手陣が崩れ、初のベスト4入りはなりませんでした。

第二試合は報徳学園が、中島君の2本のタイムリーで新潟明訓を下し、全国制覇した1981年以来、29年ぶりのベスト4進出を決めました。
投げては一年生ピッチャー・田村君が新潟明訓打線を封じ込め、大西君への継投策も決まりました。
新潟明訓は打線が田村君を打ち込めず、1点の僅差が重く感じる試合展開になってしまいました。
池田君から神田君への継投策も実らず、昨年の日本文理に続く準決勝進出はなりませんでした。

明日はいよいよ準決勝です。
報徳学園vs興南
東海大相模vs成田

報徳は、大西君と田村君による継投策なので、負担はそんなに多くないですけど、他の三校は好投手を擁してます。
ただ、成田だけが中川君1人で4試合完投しているんですよね。
中1日の休みはありましたが、疲労が蓄積されていないかどうか、その点は不安ですね。
でも、全国制覇の為にあと2試合勝たなくてはなりませんので、最後の一踏ん張りを頑張って欲しいですね。

好投手・一二三君を倒して決勝へ進め、成田高校!
  1. 2010/08/19(木) 17:17:14|
  2. 2010年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月18日・103戦目 ●横浜(横浜大洋ホエールズ)2-11阪神(大阪タイガース)○(横浜スタジアム)

神 020 161 100=11
横 001 000 001=2
[投手]
(阪神)
久保-川崎
(横浜)
小杉-篠原-江尻-松山
[勝ち投手]
久保 11勝 5敗
[負け投手]
小杉 1勝 2敗
[本塁打]
(阪神)
ブラゼル36号ツーラン
ブラゼル37号ツーラン
林威助2号ソロ
林威助3号スリーラン
鳥谷13号ソロ


今日は横浜に舞台を移しての対ホエールズ戦です。(笑)
最近ホームランの出なかったブラゼルが、大好きな!?ハマスタで大爆発。
1試合2HRで、ホームランキングのラミレスに1本差まで迫りました。
1試合2HRはブラゼルのみならず、林ちゃんも打ちました。
そして、鳥谷は2試合連続HRを放ち、5回途中でホエールズ(笑)先発・おすぎ、もとい(www)、ブラマヨの小杉竜一、もとい(www)、小杉をKO!

タイガース先発の久保は、大量リードに守られて8回を1失点。

首脳陣の配慮により、川崎を1回調整登板させましたが、この判断は良かったと思います。

首脳陣曰く、「1/3などワンポイントしか起用してないので、1回を投げさせたかった。」との事。
マリーンズ在籍時にはタイトルを取っていたので、縁あって金銭トレードで獲得し、タイガースでの復調を期待してるからこその配慮だと思います。
同様にワンポイント要員とされている、ルーキー・藤原にも1イニングを託して欲しいですね。

久保はこれで自己最多の11勝目。
今日程、気楽に試合を見られる日はないんじゃないでしょうか。

明日も横浜大洋ホエールズと大阪タイガースの試合があります。(笑)
明日も鯨を漁って、東京ドームでウサギ狩りをして欲しいですね。
(そのウサギは中日・山井に8回まで無安打に抑えられての完敗で、見事に連敗しましたとさ!ちゃんちゃん!!(* ̄m ̄)ノ彡☆バンバン!!wwwwwwwww)
  1. 2010/08/18(水) 22:03:04|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

2010夏の甲子園第十二日目

成田(千葉)6―3関東一(東東京)

興南(沖縄)10―3聖光学院(福島)

今日から夏の高校野球はベスト4を決める戦いを2日間に分けて行います。

第一試合は千葉vs東東京の首都圏対決となりましたが、成田が関東一を下して、58年ぶりのベスト4進出を決めました。
成田は関東一の先発・井手君の立ち上がりを攻め立て、乱調に乗じて初回に3点を先制し、試合の主導権を握りました。
その後も追加点を挙げ、投げてはエース・中川君が10安打を浴びるも、要所要所を締める投球で関東一の打線を3点に抑えました。
関東一は先発した井手君の大乱調が誤算で、序盤から不利な展開に立たされ、8回に点差を3点まで縮めましたが、成田・中川君に要所要所を締められて、初のベスト4入りを逃しました。

第二試合は春夏連覇を狙う興南が、初の4強入りを狙った聖光学院を破って、我喜屋監督が主将を務めた1968年以来、42年ぶりのベスト4進出を決めました。
序盤に3点を先制される苦しい展開を同点に追い付き、打線が爆発して聖光学院の若きエース・歳内君の武器・スプリットを攻略しました。
投げては今大会屈指の左腕・島袋君が序盤に許した3点以降は無失点に抑え、最終回は連投を見据えてマウンドを降りました。
優勝候補を次々と撃破した聖光学院は島袋君から3点をもぎ取り先制しましたが、追加点を奪えなかった事が痛く、歳内君がつかまってからは防戦一方でした。

成田は遂にベスト4まで進みました。
首都圏対決は絶対に負けたくなかったので、勝てて良かったです。

千葉県勢としては、2000年の東海大浦安以来、10年ぶり。
東海大浦安は、その年準優勝でした。
実はその東海大浦安の初戦・二回戦の延岡学園戦を生観戦したんです。
延岡学園のエースは、現在福岡ソフトバンクにいる神内靖でした。(京セラドーム大阪のベンチを壊して何やってんだか。苦笑)
序盤~中盤は投手戦で、8回の表裏に得点が入り、9回同点のピンチをライトの好返球により、ランナーを本塁でタッチアウトして試合が終わる。
映画館でドラマを見ているような気分でした。
東海大浦安はこの試合が甲子園初勝利で、勢いに乗って準優勝でしたから、10年経った今でも鮮明に覚えてます。

そして、準決勝の組み合わせが決まりました。

報徳学園・新潟明訓の勝者vs興南
九州学院・東海大相模の勝者vs成田

正直、興南とは決勝戦で対戦したかったので、この組み合わせで良かったですけど、相手は打の九州学院かがサイドスローに転向した本格派右腕・一二三君を擁する東海大相模ですから、ハードな戦いになると思います。
しかし、千葉県勢としては1975年の習志野以降、34年間も優勝から遠ざかっているので、35年ぶりに優勝旗を千葉へ持ち帰って欲しいと、強く願ってます。
もし、相手が東海大相模なら2試合連続で首都圏対決なので、絶対に負けたくないですね。
そして、決勝戦で千葉県勢の天敵となっている沖縄県勢を倒し、興南の春夏連覇を阻止して全国制覇する、そのようなストーリーになれば良いですけどね。(笑)

先ずは準々決勝残り2試合を要チェックです。
  1. 2010/08/18(水) 17:15:33|
  2. 2010年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月17日・102戦目 ●横浜(横浜大洋ホエールズ)8-12阪神(大阪タイガース)○(長野オリンピックスタジアム)

神 023 010 114=12
横 202 022 000=8
[投手]
(阪神)
メッセンジャー-福原-藤原-西村-久保田-藤川
(横浜)
清水-弥太郎-加藤-山口-江尻
[勝ち投手]
久保田 6勝 2敗
[負け投手]
山口 2勝 8敗 22S
[本塁打]
(阪神)
新井14号スリーラン
鳥谷12号ソロ
藤川俊1号スリーラン
(横浜)
内川7号ソロ
スレッジ24号ツーラン

今週のこのカードと来週の火曜日からのカードで、セ・リーグ6球団はそれぞれ復刻版ユニフォームを着用する事になり、我等の阪神タイガースは、1948~1949年の大阪タイガース時代の復刻版ユニフォームを着用します。
その頃の大阪タイガースは藤村富美男さんや別当薫さんを擁し、猛威をふるった打線から、ダイナマイト打線と呼ばれてました。
対する横浜ベイスターズは1978~1992年までの横浜大洋ホエールズ時代の復刻版ユニフォームを着用しますが、正直この時代のホエールズは地味で弱かった印象しかないですね。(苦笑)

なお、タイガースが長野で試合を行うのは、1961年8月6日の対国鉄(現・東京ヤクルト)戦以来、49年ぶりの出来事だそうです。

試合は初回から荒れた試合になりホエールズが先制すれば(あえて旧称を使用します。笑)、タイガースが追い付き、タイガースが勝ち越せば、ホエールズが追い付くの繰り返しで8回を終えて、8-8の同点に。
勿論、マウンドにはメッセンジャーと清水直行の姿は既にありません。(苦笑)

乱打戦に決着をつけたのはタイガースでした。
9回表、前の8回から投げているホエールズの守護神・山口を攻め立て、ランナー2人を置いて、ブラゼルが犠牲フライを放ち、先ずは勝ち越し。
更に二死後、城島が敬遠されてランナーが2人貯まりました。

前の回に代走として途中出場している藤川俊介は、城島の敬遠に燃え、長野でなんとプロ入り初のホームランが3ランとなり、ダメ押しアーチとなりました。
藤川俊介は、この日が23歳のバースデーで、記念すべきプロ入り初アーチが、バースデーアーチにもなりました。

レギュラーの高齢化の為、近い将来の為に、世代交代を常に主張している僕にとって、藤川俊介のプロ入り初アーチは嬉しかったですし、お立ち台に立てて良かったですね。
更に嬉しい事は、ホームランボールが藤川俊介の手元へ届いた事。
めったに開催しない長野で、プロ入り初アーチを放ったのだから、記念にもなったし、記憶に残った事も間違いないでしょう。

ただ、先発のメッセンジャーと、2番手の福原には喝!ですね。ヽ(*`皿´*)ノ
打線の援護があったから結果的には良かったけど、これがもし負け試合だったら、間違いなくこの2人の不甲斐ないピッチングが敗因に挙げられていたはずです。(`へ´)=3

2位・巨人(ユニフォームがヤケにダサかった事…。www)が中日に敗れた為、ゲーム差は1へ広がりました。

東京ドームでの戦いの前に、横浜でしっかりホエールズを倒してから、伝統の一戦へ挑んで欲しいですね。
  1. 2010/08/18(水) 09:57:17|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

2010夏の甲子園第十一日目

成田(千葉)6―5北大津(滋賀)

関東一(東東京)10―6早稲田実(西東京)

報徳学園(兵庫)13―5佐賀学園(佐賀)

興南(沖縄)4―1仙台育英(宮城)

夏の甲子園は三回戦の残り4試合が行われ、ベスト8が決まりました。

第一試合は1点を争う好ゲームとなりましたが、9回に成田が高橋君のタイムリー二塁打で勝ち越して熱戦に終止符を打ち、半世紀以上58年ぶりのベスト8進出。
成田のエース・中川君は5失点と不調だったが、3試合連続完投勝利でした。
北大津は序盤に山口君の2ランなどで3点を先制するも、エース・岡本君が7回からつかまり、一時は逆転を許しましたが、8回同点に追いついた粘りは見事でした。
しかし、再逆転には至らず、滋賀県勢9年ぶりのベスト8進出は惜しくもなりませんでした。

第二試合は15年ぶりの東西東京対決となりましたが、関東一が機動力に長打をプラスした打線が、早稲田実業のエース・鈴木君を攻略し、四半世紀ぶりのベスト8進出。
早稲田実業は9回に反撃で4点差まで詰め寄りましたが、そこまでで全国制覇した4年ぶりのベスト8進出は露となって消えました。

第三試合は報徳学園が佐賀学園に先制を許すも、佐賀学園のエース・峰下君を攻略してすぐさま逆転し、快勝で2年ぶりのベスト8進出を決めました。
佐賀学園は8回に3点差まで詰め寄りましたが9回、逆に5点を入れられてしまい、3度目のベスト8進出への挑戦も見事に跳ね返されました。

第四試合は3回戦最後の試合。
興南のエース・島袋君の2試合連続二桁奪三振で仙台育英を下し、30年ぶりのベスト8進出。
仙台育英は三瓶君のソロで一矢を報いるのが精一杯で、16年ぶりのベスト8進出はなりませんでした。

これでベスト8が全て出揃いました。

福島・聖光学院
千葉・成田
東東京・関東一
神奈川・東海大相模
新潟・新潟明訓
兵庫・報徳学園
熊本・九州学院
沖縄・興南

そして準々決勝の対戦カードが決まりました。

大会第十二日目
第一試合
成田(千葉)vs関東一(東東京)
第二試合
聖光学院(福島)vs興南(沖縄)
大会第十三日目
第一試合
東海大相模(神奈川)vs九州学院(熊本)
第二試合
新潟明訓(新潟)vs報徳学園(兵庫)

成田の対戦相手は江戸川を隔てた首都圏隣県・都対決となりました。
しかも、成田のエース・中川君の連投は避けられそうにもないです。
しかし、疲労度は第一試合の成田より、第二試合の関東一の方が上回っていると思います。
怖いのは機動力を絡めた長打攻撃ですね。
エース・白井君も打たれ強いですし。

でも、ここまで来たからには35年ぶりに千葉県へ優勝旗を持って帰る為にも、あと3試合の辛抱です。
1992年(拓大紅陵)と2000年(東海大浦安)に、そのチャンスはありましたが、見事に粉砕されましたから。

滋賀県勢9年ぶりのベスト8進出はなりませんでしたが、北大津は素晴らしいチームでした。
破壊力のある攻撃は勿論の事、変幻自在な投球フォームで対戦相手を幻惑させるエース・岡本君のピッチングも見事でした。
北大津は過去最高が、甲子園2勝でしたから、次回出場時は3勝以上して欲しいですね。

滋賀県は近畿勢で唯一、優勝旗を持ち帰った事がありません。
2001年に近江が、滋賀県勢として初めて決勝戦へ駒を進めましたが、惜しくも日大三に敗れて準優勝でした。
滋賀に悲願の優勝旗を、持ち帰る日が近い事を願って。

深紅の大優勝旗目指して、頑張れ!成田高校!!
  1. 2010/08/18(水) 07:53:05|
  2. 2010年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2010夏の甲子園第十日目

東海大相模(神奈川)3―0土岐商(岐阜)

聖光学院(福島)5―2履正社(大阪)

新潟明訓(新潟)1―0西日本短大付(福岡)

九州学院(熊本)8―7(延長10回)鹿児島実(鹿児島)

夏の甲子園は今日・明日でベスト8が決まります。

第一試合は東海大相模のエース・一二三君が4四球を出すも土岐商業打線を僅か1安打に抑え、35年ぶりのベスト8進出。
土岐商業は打線が一二三君の前に僅か1安打と手も足も出せず、初戦の勢いは潰えました。

第二試合は聖光学院が同点で迎えた8回に、斎藤監督の息子である斎藤君の2ランホームランを含む、3点を勝ち越し、投げてはエース・歳内君が二桁10個の三振を奪い、2年ぶりのベスト8進出。
履正社は主砲の山田君に一発が出て同点に追いつくも、終盤に突き放され初のベスト8進出はなりませんでした。

第三試合は投手戦となりましたが、6回にタイムリーで先制した虎の子の1点を守りきり、学校としては初、新潟県勢としては昨年の日本文理に続いてベスト8へ進出しました。
西日本短大付属は二年生エース・森君が力投してましたが一球に泣き、打線も最終回不運な形で同点のチャンスを潰し、全国制覇した1992年以来のベスト8進出はなりませんでした。

第四試合は九州勢隣県対決となりましたが、打撃戦の末延長戦へ突入し、延長10回にタイムリーで決勝点を入れた九州学院が47年ぶり、熊本県勢としては1996年の熊本工業以来14年ぶりのベスト8進出を決めました。
鹿児島実業は土壇場9回に3点差を同点に追いつくもサヨナラ勝ちには至らず、延長で力尽きて14年ぶりのベスト8進出はなりませんでした。

明日は3回戦の残り4試合がありますけど、第一試合に成田と北大津が直接対決します。
正直どっちに勝って欲しいか、心苦しいですけどどっちも頑張って欲しいですね。
兎に角、良い内容の試合を戦って欲しいと願うのみです。
  1. 2010/08/17(火) 00:08:54|
  2. 2010年高校野球
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

8月15日・101戦目 ○阪神9-6東京ヤクルト●(京セラドーム大阪)

ヤ 010 221 000=6
神 023 000 04X=9
[投手]
(ヤクルト)
バーネット-山岸-増渕-松岡-渡辺
(阪神)
下柳-安藤-西村-久保田-藤川
[勝ち投手]
久保田 5勝 2敗
[負け投手]
松岡 2勝 3敗 2S
[セーブ]
藤川 3勝 1敗 21S
[本塁打]
(ヤクルト)
相川11号ソロ
デントナ12号ソロ
(阪神)
新井13号ソロ
金本10号ソロ
マートン13号ソロ


今日はデーゲームで首位・巨人が横浜に敗れた為、このスワローズ戦を勝てば首位奪回ですので、絶対に負けられません。
タイガースの先発・下さんは2回、相川にソロアーチを浴びて先制を許しますが、その裏新井とアニキのアーチで逆転し、更に3回にはマートンのソロアーチを含む3点を追加し、スワローズの先発・バーネットをKOします。

しかし、打線は2番手・山岸(今季途中、埼玉西武から移籍)に代わると、無安打に抑えられてしまいます。

下さんは勝ち投手の権利を得る5回に乱れ出して、スワローズの猛反撃の前に、勝ち投手の権利を得る事なくKO。
代わった安藤でもスワローズ打線の勢いを止められず、同点に追いつかれました。

続く6回には3番手・西村がデントナに一発を浴び、勝ち越しを許してしまいます。
西村の後を継いだ久保田は、2回を無失点に抑え、味方の援護を待ちます。

タイガースは4回以降、山岸・増渕に抑えられて0行進でしたが、8回から登板したセットアッパー・松岡を攻め立て、ショート・川端の1イニング2エラーも絡み、アニキのタイムリーで同点、続く城島のタイムリーで勝ち越し、更にマートンの2点タイムリーでダメを押して、松岡をKOしました。

最終回は3点差で守護神・球児が危なげなく抑えて、今季の長期ロードで初の勝ち越しを決め、首位を奪回しました。

守備に難のあるアニキは今日猛打賞3打点で、前所属球団・カープの偉大なスラッガーである山本浩二さんの通算安打数を追い抜きました。
更に勝ち越しタイムリーを打った城島は、ヒーローインタビューでジョークを飛ばしまくって舌口調でしたね。(爆笑)

勝てたから良かったですけど、折角の4点リードを追いつかれただけでなく、逆転勝ち越しをされて情けなかったですね。
その原因は言うまでもなく、下さんの不安定感から来るものです。
やはり、夏場が苦手なのかもしれませんが、乗り切って欲しかったですね。
安藤は緊急登板だとは言え抑えて欲しかったですし、西村も最近は一発病のようで、打たれないで欲しかったですよ。

来週は、横浜と火曜日に長野オリンピックスタジアムで、水曜・木曜と横浜スタジアムで、金曜日からは巨人と東京ドームで首位決戦です。

下位相手に取りこぼさないように、連勝を伸ばして欲しいですね。
  1. 2010/08/15(日) 23:04:07|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

2010夏の甲子園第九日目

報徳学園(兵庫)4―2福井商(福井)

興南(沖縄)8―2明徳義塾(高知)

仙台育英(宮城)10―7(延長12回)延岡学園(宮崎)

夏の甲子園は九日目を迎え、二回戦の残り3試合が行われました。

第一試合は報徳学園が福井商業との競り合いを制し、2年ぶりの三回戦進出。
福井商業は惜敗により、今年度で勇退する北野監督の夏が、これで幕を閉じました。

第二試合はセンバツ覇者・興南が打っては先発全員安打、投げてはエース・島袋君が2試合連続の二桁奪三振で、明徳義塾を圧倒し、三回戦へ進出。
明徳義塾は攻守共に完敗で、四国勢はこれで全て姿を消しました。

第三試合は今大会二度目の延長戦になり、延長12回に仙台育英が3点を入れて突き放し、延岡学園との死闘を制して、三回戦最後の椅子に滑り込みました。
延岡学園は序盤に逆転するも、同点に追いつかれ、その後何度もチャンスはあったものの拙攻で潰し、延長12回に3点を入れられて遂に力尽きました。

いよいよ、明日から準々決勝へ向けて、熱い戦いが始まります。
ここまでの戦いでは、九州勢が5校(西日本短大付属・佐賀学園・九州学院・鹿児島実業・興南)と一番多く、次に関東勢の4校(成田・関東一・早稲田実業・東海大相模)、そして近畿勢の3校(北大津・履正社・報徳学園)、東北の2校(仙台育英・聖光学院)、北信越の新潟明訓、東海の土岐商業、逆に北海道・中国・四国は全て姿を消しました。
更に初出場は全て初戦で全滅してます。

明日明後日、ベスト8進出を賭けた戦いに注目です。
  1. 2010/08/15(日) 18:42:53|
  2. 2010年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月14日・100戦目 ○阪神4-3東京ヤクルト●(京セラドーム大阪)

ヤ 000 000 210=3
神 102 001 00X=4
[投手]
(ヤクルト)
赤川-吉川-増渕-渡辺
(阪神)
スタンリッジ-川崎-西村-久保田-藤川
[勝ち投手]
スタンリッジ 8勝 2敗
[負け投手]
赤川 1敗
[セーブ]
藤川 3勝 1敗 20S
[本塁打]
(ヤクルト)
ホワイトセル10号ソロ

今、夏休みを利用して部屋の大掃除に追われている最中で、高校野球を聴いてた為、あまり昨日の試合を聴いてませんでしたが、10連勝と勢いづいたスワローズを止めたようで、ホッとしました。

ただ、プロ初先発の左腕・赤川に苦戦しているようではねぇ…。(;-"-)
更にスタンリッジが7回を過ぎてアップアップだったのに、欲が出たのか続投させてピンチを招いてから降板し、スワローズの猛反撃を食らい、結果的には辛勝でしたから、その点では疑問が残ります。
ただ、スタンリッジは病み上がりの身ながら、6回まではナイスピッチングだったと思います。

明日も勝って、久しぶりにカード勝ち越しをして欲しいですね。
  1. 2010/08/15(日) 00:18:02|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

2010夏の甲子園第八日目

北大津(滋賀)9―3前橋商(群馬)

関東一(東東京)11―4遊学館(石川)

早稲田実(西東京)21―6中京大中京(愛知)

佐賀学園(佐賀)3―2長崎日大(長崎)


夏の甲子園八日目は二回戦4試合が行われました。

第一試合は、同点に追いつかれた北大津が終盤に突き放し、前橋商業を下して三回戦へ進出しました。
北大津は二試合連続二桁安打と打線が大暴れし、前橋商業の投手陣を粉砕しました。
前橋商業は二度同点に追いつくも、投手陣が北大津打線の餌食に遭い、結果的には完敗でした。

第二試合は、関東一が初回から打線が爆発し、長打攻勢で遊学館を破って三回戦へ進出。
遊学館は立ち上がりに失点した事で苦しい展開になり、8年ぶりの三回戦進出はなりませんでした。

第三試合は初回に7点を先制した早稲田実業が、5回にも一挙に12点を挙げる猛攻撃で、夏連覇を狙った中京大中京の野望を打ち砕き、4年ぶりの三回戦進出。
中京大中京は先発・浅野君がいきなり捕まり、昨夏の優勝投手・森本君も早実打線の勢いを止められず惨敗を喫し、夏連覇の夢は呆気なく砕け散りました。
そして、今大会限りで退任する大藤監督の采配は二回戦で終わりました。

第四試合は、九州勢隣県対決でしたが、佐賀学園が長崎日大を逆転で下し、三回戦へ進出しました。
長崎日大は先制したものの、佐賀学園の繋ぎの攻撃に屈し、逆転負けを喫しました。

今日、北大津は天敵とも言える群馬県勢の前橋商業と対戦しましたが、先制したのに同点に追いつかれたので、また群馬県勢に負けてしまうのかと思いましたが、終盤に打線が前橋商業の投手陣を次々に狙い打ち、勝ち越して結果的には快勝でしたから、夏2勝出来て良かったです。
ただ、三回戦の対戦相手は昨日のブログに書いた通り、僕が住む千葉県代表・成田なんですよね。
けど、必ずどちらかがベスト8へ行けるので、どっちも頑張って欲しいと思います。(苦笑)

明日でベスト16が出揃います。
明日も注目ですね。
  1. 2010/08/14(土) 19:53:53|
  2. 2010年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月13日・99戦目 ●阪神6-9東京ヤクルト○(京セラドーム大阪)

ヤ 210 005 001=9
神 100 001 130=6
[投手]
(ヤクルト)
館山-渡辺-押本-松岡
(阪神)
鶴-川崎-渡辺-安藤-藤原
[勝ち投手]
館山 6勝 5敗
[負け投手]
鶴 2勝 4敗
[セーブ]
松岡 2勝 2敗 2S
[本塁打]
(ヤクルト)
田中3号スリーラン
(阪神)
マートン12号ソロ


タイガースは長期ロードから一時、関西へ帰り京セラドーム大阪にてスワローズと戦います。

タイガースの先発・鶴はここの所、先に点を許し、味方の援護を貰っても吐き出してしまう、悪い癖が生じてますが、今日も同じでした。
2勝目から1ヶ月以上遠ざかっているので、先発不足は分かっていますが、再調整の為に鳴尾浜へ行った方が良いんじゃないかと思います。
次回登板でしっかり修正しないと、一軍で生き残るには厳しいと思いますよ。

更に川崎のワンポイントを挟んで渡辺が登板しましたが、酷使の影響が出てしまっているのか、リードを広げられる失点をしてしまい、試合後に鳴尾浜行きが決まりました。
最近の渡辺は、四球でランナーを貯めて、ドカンとやられる事が多く、春先の良さは消えてます。
そして、6回から3イニングで一気に2点差へ詰め寄りましたが、9回表浅めに守っていたアニキの前に打球が転がるレフト前ヒットでしたが、ランナーは躊躇せず三塁を回り、アニキも返球しなかった為楽々本塁へ生還されてしまいました。
これで追い上げムードは消え、スワローズに10連勝を許し、首位は1日天下で終わりました。

ここまで来ると、片岡一軍打撃コーチが引退する年の再現を、アニキに重ねて見てしまいます。
打つ方は良いんですが、守れないようではどうしようもないでしょうが。(;-"-)

打つだけなら代打にして下さい。
スタメン起用では晩節を重ねて汚すだけですよ。(-_-メ)
首脳陣はアニキの守備に目を瞑って、打線の爆発に期待しているのかもしれませんが、打線はあくまで水物ですよ。
打線が奮わないなら、守り勝つしかないのに、なぜ浅井を使わないのか、そして二軍で好調の庄田を一軍へ上げて起用しないのかベテラン、特にアラフォーへ対する遠慮が嫌でも垣間見えてしまいます。
矢野さんだって怪我がなければ、ずっと一軍だったかもしれませんし。

正直将来の事を考えると、結果をいつまでも残せないアラフォーカルテットは、世代交代の障害になるだけです。
今年限りで引退する覚悟で、全力プレーしているのかもしれませんが、結果を出せなければ、一軍へ置いても枠の無駄ですよ。
年齢から来る衰えなら尚更です。
チームの足を引っ張る位なら、自ら身を引いて頂けませんかね?

プロとは勝ってナンボ、結果を出してナンボです。
若手に要求するのはあまりにも酷過ぎますけど、中堅以上は要求されて当たり前ですよ。

それに、スポーツ紙もアニキの守備について、取り上げなさ過ぎです。
この事はタブーなのかもしれませんが、擁護しても同じ事を繰り返すようでは意味がありません。
自ら決断する覚悟があるのなら、明日にでも決断して頂けませんかね?(;-"-)

明日、スワローズへ雪辱を果たして欲しいですね。(;-.-)=3
  1. 2010/08/13(金) 22:37:17|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

2010夏の甲子園第七日目

新潟明訓(新潟)5―3京都外大西(京都)

鹿児島実(鹿児島)15―0能代商(秋田)

九州学院(熊本)7―0山形中央(山形)

成田(千葉)10―2八戸工大一(青森)


夏の甲子園は七日目を迎え、今日で全49代表校が初戦を戦い終えました。

第一試合は県大会決勝戦で昨夏準優勝校の日本文理を破った新潟明訓が、京都外大西を下し、新潟県勢として2年連続の初戦突破を果たしました。
京都外大西は新潟明訓に負けじと二桁安打を放ちましたが、スクイズ失敗や拙攻の連続が響いて初戦で敗れました。

第二試合は鹿児島実業打線が序盤から爆発し、投げては2投手による3安打完封リレーで能代商業に大勝しました。
四半世紀ぶりに出場した能代商業は攻守とも鹿児島実業に圧倒されての完敗で、秋田県勢の連敗記録が13年連続と、今年も更新されてしまいました。

第三試合は初戦を大勝した九州学院が投打とも圧倒し、山形中央を下しておよそ30年ぶりの夏2勝目。
49代表校一番最後に登場した山形中央は、長く待たされた事により試合勘が鈍り、ミスも失点に絡んで、21世紀枠で出場した春に続いて夏も初戦敗退。
山形中央が姿を消した事により、初出場校6校は初戦で全滅しました。

第四試合は、初戦苦しんでいた成田打線が爆発し、八戸工大一を突き放して、およそ半世紀ぶりの夏2勝目。
好投手・中川君は二桁11安打を浴びる不調も、二桁10個の三振を奪い、これで2試合連続二桁奪三振を記録しました。
八戸工大一は好投手・中川君から二桁安打を放つも攻め切れず、初の夏2勝目はなりませんでした。

千葉県民の僕としては、7年前に青森県勢に敗れているので、リベンジを果たして欲しいと願って、ラジオを聴きながら応援してました。
初戦に奮わなかった打線が爆発してくれて嬉しかったですね。
中川君は不調でしたけど、打線の大量援護に助けられましたし、自らも先制タイムリーを放ちましたからね。

ただ、成田の次の対戦相手が明日の第一試合・北大津vs前橋商業の勝者なので、北大津が勝ったら、どっちを応援したら良いのか困りますね。(;^_^A
勿論、明日は北大津を応援して、成田vs北大津のカードを三回戦で実現して欲しいと願ってます。
頑張れ、北高!
  1. 2010/08/13(金) 20:42:46|
  2. 2010年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010夏の甲子園第六日目

土岐商(岐阜)15―2八頭(鳥取)

聖光学院(福島)1―0広陵(広島)

履正社(大阪)4―1天理(奈良)

西日本短大付(福岡)7―2日川(山梨)


夏の甲子園は六日目を迎え、二回戦4試合が行われました。

第一試合は序盤から土岐商業打線が爆発し、相手のミスも絡んで八頭を圧倒し、3回目の出場にして甲子園初勝利。
八頭は攻守とも土岐商業に圧倒され、ミスも失点に絡んで惨敗を喫しました。

第二試合は第一試合とはうって変わって、広陵・有原君、聖光学院・歳内君両投手の投げ合いによる投手戦。
しかし、決勝点は広陵・有原君の暴投という、呆気ない決着でした。
聖光学院は3年前、三回戦で敗れたリベンジを果たしました。
広陵は歳内君の前に打線が沈黙し、先制のチャンスも好守に阻まれ、有原君の投じた一球が命取りとなり、センバツベスト4と優勝候補の一角に挙げられていた広陵は、初戦で姿を消しました。

第三試合は近畿勢隣府県対決でしたが、履正社が天理に打ち勝ち、夏の甲子園初勝利。
天理はピッチャーの沼田君が二度も打球を直撃しながら奮投しましたが、打線が沈黙しセンバツに続いて初戦敗退。

第四試合は、西日本短大付属が日川に1点差へ詰め寄られた後の8回に突き放して、全国制覇した1992年以来の初戦突破。
日川は1点差まで詰め寄りましたが、西日本短大付属・森君を完全攻略するに至らず、3回目の今回も初戦で姿を消しました。

明日は第四試合に千葉県代表・成田高校が青森県代表・八戸工大一と対戦します。
過去、千葉県勢と青森県勢は2003年に一度だけ対戦し、木更津総合は光星学院の前に敗れ去りました。
今回は青森県勢にリベンジ出来るチャンスです。
初戦は優勝候補の一角・智弁和歌山を接戦で撃破しました。
その勢いで今回も勝って欲しいですね。
頑張れ、成田高校!
  1. 2010/08/12(木) 23:01:35|
  2. 2010年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月12日・98戦目 ●広島6-10阪神○(マツダスタジアム)

神 010 007 110=10
広 201 001 101=6
[投手]
(阪神)
久保-藤原-西村-久保田-藤川
(広島)
スタルツ-梅津-小島-岸本-斉藤
[勝ち投手]
久保 10勝 5敗
[負け投手]
スタルツ 4勝 8敗
[本塁打]
(阪神)
城島20号ソロ
城島21号スリーラン
桜井8号ソロ
狩野2号ソロ
新井12号ソロ
(広島)
広瀬7号ソロ


先発の久保はスライド登板しましたが、前回登板に続いて不調で、初回に梵と嶋のタイムリーで2点を先制される苦しい立ち上がり。
城島のソロアーチ(阪神の捕手としては田淵幸一さん以来の第20号到達)で反撃するも、3回の1失点で帳消しに。

しかし、不調の久保を5回に打線が援護し、先発・スタルツから城島が移籍後初の2打席連続となる第21号3ランホームランをレフトスタンドへ放り込むと、続く桜井もレフトスタンド、更に続く久保の代打・狩野もレフトスタンドへ放り込み、2003年の対横浜戦(横浜スタジアム)以来の1イニング3連発などで一挙7点を挙げ、スタルツをマウンドから引きずり降ろしました。

その後新井のソロアーチも飛び出し、マツダスタジアムで5発の花火を打ち上げたタイガースが連敗を5で止め、四半世紀前に日航ジャンボ機墜落事故の犠牲になった、中埜肇元球団社長へ供養の白星を捧げる勝利となりました。
更に首位・巨人がヤクルトに3タテを食らった為、勝率の差で首位を奪回しました。

四半世紀前、タイガースは対巨人戦(甲子園)で、槙原からバース・掛布・岡田(現・オリックス監督)がバックスクリーンへ三連発(明確ではないけど)、7年前には対横浜戦(横浜)で、吉見(現・千葉ロッテ)から濱中(現・オリックス)・片岡(現・一軍打撃コーチ)・アリアスが打ち分けての三連発が飛び出し、両方の年ともリーグ優勝を決めました。
今年がその嬉しい吉兆となって欲しいものです。

前略 天国におられる中埜肇様

あの大惨事となる事故に遭遇して犠牲になってから、今日で四半世紀が経ちました。
あなたが球団社長の職務に就いていた時、現役の一選手だった真弓明信が現在は監督として、チームを5年ぶりのリーグ優勝へ、四半世紀ぶりの日本一へ向けて、奔走してます。
どうか天国で真弓明信監督を天国から見守りつつ、力を分けて頂けますでしょうか。
一阪神ファンからの切実なるお願いです。
どうぞ宜しくお願いします。

             草々


明日からタイガースは、巨人を3タテして9連勝と、勢いに乗っている東京ヤクルトとの対戦です。
しかも、久しぶりに関西へ帰ります。
久しぶりのホームゲームで、今日の勢いを継続して欲しいですね。
  1. 2010/08/12(木) 22:48:11|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。