虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会決勝トーナメント一回戦 ●日本0-0(PK:3-5)パラグアイ○

日本(0-0・0-0)(延長戦:0-0・0-0)(PK:3-5)パラグアイ

(パラグアイ) (日本)
E・バレト○ 遠藤○
バリオス○ 長谷部○
リベロス○ 駒野×
アエドバルテス○ 本田○
カルドソ○ 決着した為終了

サッカー日本代表は日韓共催大会以来、2大会ぶりに決勝トーナメントへ進出し、南米の強豪・パラグアイと初戦で対戦しました。
過去3戦のリーグ戦と、全く変わらぬスタメンで、パラグアイと激突しましたが、試合はパラグアイがやや押し気味で、日本はパラグアイゴールを狙いますが、相手の堅い守備にゴールを割る事が出来ません。
逆にボールの堅い支配率で優位に立っているパラグアイは日本ゴールを狙いますが、こちらもGK・川島やDF陣を中心とした堅い守備で、ゴールを死守します。
前後半90分で決着がつかず、試合は延長戦へ突入するも、延長戦の前後半30分間でも互いにゴールを割れなかったので、PK戦で決着をつける事になりました。
日本は後攻を選び、遠藤、長谷部の2人が決めた後3人目の駒野がバーに当てて外してしまいました。
一方、先攻を選んだパラグアイは5人ともゴールを決めて、岡田ジャパンのワールドカップは、決勝トーナメント初戦で、惜しくも散ってしまいました。

まぁ、PK戦は時の運ですし、ゴールを外してしまった駒野を安易に責める事は出来ないと思います。
ただ、パラグアイは守備が堅かったですし、日本は格上のパラグアイにゴールを許さなかった事だけでも、せめて評価しても良いのではないでしょうか。

岡田監督はベスト4、FWの本田は優勝を公言してましたが、ベスト8へまだ行った事がない以上、まだまだ世界の壁は分厚いので、4年後のブラジル大会に再挑戦して欲しいですね。

岡田監督は今大会を最後に退任の意向だそうで、ブラジル大会の4年後は、新体制で挑む事が確実です。


岡田監督、そしてサムライブルーへ。

大会前に低評価を下して、酷評ばかりしてごめんなさい。
そして、勇気と感動を伝えて頂き、ありがとうございました。
激戦の連続で、お疲れ様でした。
初戦で敗れたので、まだ胸を張れないかもしれませんが、堂々日本へ帰って来て、4年後へ向けて精進して下さい。


サムライブルーが敗れた今、今後は世界の強豪同士でどのような戦いになるのか、注目してみたいですね。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/30(水) 07:39:00|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

6月29日・67戦目 ○阪神11-5中日●(甲子園)

中 000 000 122=5
神 015 030 20X=11
[投手]
(中日)
朝倉-ネルソン-久本-清水
(阪神)
スタンリッジ-藤原-横山-久保田
[勝ち投手]
スタンリッジ 4勝 1敗
[負け投手]
朝倉 3勝 4敗
[本塁打]
(中日)
野本4号ソロ
荒木1号ツーラン
(阪神)
ブラゼル24号ソロ
ブラゼル25号ソロ
ブラゼル26号ツーラン
新井10号スリーラン
城島12号ソロ


交流戦を終えて、横浜~米子~神宮とロードが続いてましたが、今日からホームへ戻って、眼下の敵・ドラゴンズとの3連戦です。

相手が天敵・朝倉だけに、ここまでナイター3勝負けなしとは言え、スタンリッジが朝倉と互角に戦えるのかが、試合の焦点でした。

しかし、2回にブラゼルの放った一発が、先発・スタンリッジを援護。
これが、ここ2戦神宮で眠っていた打線に火を点けました。

続く3回にはマートンのタイムリー、新井の3ラン、ブラゼルの2打席連続アーチで一挙5点を取り、天敵・朝倉を4回でKOしました。

5回には2番手・ネルソンからブラゼルがこの試合3打席連続アーチとなる2ラン、城島のソロとアーチ連発で点差は9点に。

スタンリッジは7回、野本に一発を浴びましたが1失点で、先発の役目を果たしました。

その裏、3番手・久本から代打・浅井のタイムリー、桜井の犠牲フライで2点追加し、点差は10点に。

8回から、スタンリッジの後を継いだのは、ドラフト2位ルーキー・藤原でした。
今日一軍昇格し、この試合がプロ初登板となった藤原は3本の二塁打を浴びて、2点を失う、ほろ苦い一軍デビュー戦でした。
3番手はプロ2試合目の登板となる横山でしたが、荒木に2ランを浴び、更にピンチを招いた場面で、事もあろうに久保田へ交代。
その久保田は見事にピンチの火を消し、連敗を2で止めました。

ただ、僕は勝ち試合なのに、今日は不機嫌になりました。
正直、最終回は久保田に尻拭いさせるのではなく、横山に1イニングを、たとえ失点しようが託して欲しかったですね。(`へ´)=3

投手コーチの久保も真弓監督も、若手の将来よりも、自らの保身を選んだようで、僕は頭に来てます。ヽ(*`皿´*)ノ

今、先発ローテーションへ割って入ろうとしている、鶴のデビュー戦はご存知でしょうか。
今から2年前、千葉マリンでの交流戦で、1つもアウトを取れずの6失点でしたよね?

その鶴がここまで成長した今、僕としては藤原と横山の両選手に、鶴のように大きく成長して貰いたいので、たとえ失点しようが、1イニングを投げ切るという経験を積ませて欲しかったです。

その経験の積み重ねが、後々の糧になりますし、失敗を糧にする事で、大きく成長出来ると思ってますから。

ですから、この失敗の所為で二軍へ送り返さないで欲しいし、再度リベンジの場を与えて欲しいんです。

ただでさえ、このチームは高齢化の一途を辿りつつあるので、若手育成は絶対にしなければなりません。

ですから、僕は横山から久保田へ代えた事で頭に来たんです。(`へ´)=3
そして、若手を育てるからには失敗は見守らないといけません。
そうでもしないと、若手や生え抜きなんか、誰一人とも育たないですもん。
他球団の選手中心に補強へ依存するのは、なるべくなら止めて欲しいですね。

正直、明日・明後日は雨天中止かもしれませんが、連勝して欲しいですね。
そして藤原と横山、次回登板でリベンジ出来るよう、頑張れ! 続きを読む
  1. 2010/06/29(火) 23:24:51|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

6月のG1レース回顧録

今季の上半期G1レースは、宝塚記念で終わりました。
夏競馬を経て、下半期はスプリンターズステークスから始まります。

今月6月は安田記念と、既述の宝塚記念が行われました。


安田記念 ショウワモダン

香港馬3頭参戦の中で行われたレースを制したのは、7歳馬と遅咲きのショウワモダンでした。

この馬は初めてG1レースを制するのに、およそ30戦近く要しましたが、近2走のダービー卿チャレンジトロフィー(G3)、メイSを連勝してから、この安田記念に挑み、見事G1を制しました。

今年の府中は速い時計が出やすく、このレースも1分31秒台と、高速馬場である事が証明されました。

鞍上の後藤浩輝騎手は、自身が初めてG1レースを制したのが、アドマイヤコジーンに騎乗したこの安田記念で、当時を思い出して涙が出たんだそうです。

尚、この馬の父は1999年にグラスワンダーとの死闘で安田記念を制したエアジハードで、親子二代でのG1制覇となりました。


宝塚記念 ナカヤマフェスタ

1番人気はここまで複勝率100%の女傑・ブエナビスタでした。
そのブエナビスタが、強い牡馬相手にどんな競馬をするのか、が注目されましたが、結果は8番人気の伏兵馬・ナカヤマフェスタが、ブエナビスタを含む5頭のG1馬を、見事に差し切って破る金星を挙げ、初めてG1を制しました。

ナカヤマフェスタは関東馬で、関東馬が宝塚記念を制したのは、あのグラスワンダー以来11年ぶり、鞍上の柴田善臣騎手は、今まで東京と中京の左回りのコースでしかG1を制した事がありませんでしたが(懐かしの競走馬に例えると、自身が手綱を取った事のある、G1は未勝利でしたけど、マチカネタンホイザですね。www)、初めて右回りのコース、阪神競馬場でのG1初制覇となりました。
しかも、柴田善騎手のG1制覇は、2006年高松宮記念のオレハマッテルゼ以来4年ぶりで、本人は「忘れた頃に勝った」と、朴訥で茶目っ気に語りました。(笑)
このナカヤマフェスタは、3歳時クラシックにも名を連ねましたが、秋から気性難が露呈してしまい休養へ入りましたが、今季初戦の前走・メトロポリタンSを休み明けで勝ってから、この宝塚記念に挑みました。
陣営が一週間前から栗東に滞在させた事や、気性の激しい馬をどうやって走らすかと考えを巡らせた努力が、大一番で実りました。

1番人気に支持されたブエナビスタは好位で追走も、ゴール前でナカヤマフェスタに差され、連を死守するのが精一杯。
3着は金鯱賞を制した上がり馬・アーネストリーでした。

尚、春の天皇賞馬・ジャガーメイルは道悪に泣き8着、昨年の宝塚記念・有馬記念馬でグランプリ3連覇を狙ったドリームジャーニーは、自慢の差し脚が届かず4着に敗れました。


これで春のG1レースは全て終わりましたが、比較的前半は1番人気が来やすいレースでしたが、後半は荒れましたね。

ほとんど馬券を予想も購入もしてませんでしたが(爆)、夏を越して秋にどんなレースになるのか、楽しみです。
  1. 2010/06/28(月) 19:57:08|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

6月27日・66戦目 ○東京ヤクルト8-4阪神●(神宮)

神 000 020 020=4
ヤ 011 031 02X=8
[投手]
(阪神)
フォッサム-上園-渡辺-西村-筒井-横山
(ヤクルト)
由規-押本-増渕-松岡-林昌勇
[勝ち投手]
由規 4勝 5敗
[負け投手]
フォッサム 2勝 4敗
[本塁打]
(阪神)
金本8号ツーラン
(ヤクルト)
デントナ11号ソロ
相川6号ソロ


今日の収穫はアニキの450号ホームランと、横山のプロ初登板ぐらいですね。
後は怒る事ばかりです。

まず、先発のフォッサムはこれで2試合連続のKOで、しかも1ヶ月以上勝ち星がないようです。(中には試合を作ったのもありますけど、2試合連続KOは問題外です。)

来週東京ドームで観戦する身として、不安しかないので来週日曜日はフォッサムを絶対先発起用しないで下さい。
そして、フォッサムは1ヶ月以上結果を残せないので、鳴尾浜へ強制送還して下さい。(怒)

次に首脳陣、特に投手コーチの久保が行き当たりばったりのリリーフ起用をする(真弓監督は久保の言いなりになっているだけ。)ので、これで首脳陣が球児以外のリリーフを、全く信用していない事があからさまになりましたね。(怒)

渡辺や西村、久保田でさえも無茶苦茶な起用をする久保コーチには今季限り、いや今すぐにでもお引き取り願いたいですわ。(激怒)
こんな起用をしていたら、中継ぎ陣がみんな潰れて、誰もいなくなる壊滅状態になりますよ。(激怒)
もしそうなったら久保コーチ、責任ちゃんと取ってくれますかね?(激怒)

下位・スワローズに負け越して、貯金を二桁に乗せるどころか、連敗で7まで減らしてしまいました。

火曜日からはドラゴンズ、金曜日からは首位・ジャイアンツを相手に戦うので、下位との対戦を取りこぼして欲しくなかったですね。
だから、僕は今日の敗戦で激怒しているんです。

真弓監督、自らリーダーシップを取って下さいよ。
コーチに任せっきりの采配はもう止めて下さい。(怒)
  1. 2010/06/27(日) 18:32:01|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

6月26日・65戦目 ○東京ヤクルト4-2阪神●(神宮)

神 000 010 100=2
ヤ 000 010 03X=4
[投手]
(阪神)
鶴-久保田-西村-上園
(ヤクルト)
石川-増渕-松岡-林昌勇
[勝ち投手]
松岡 1勝 1敗 1S
[負け投手]
西村 4勝 1敗
[セーブ]
林昌勇 1敗 13S
[本塁打]
(ヤクルト)
飯原4号ツーラン
ホワイトセル1号ソロ


タイガース・鶴、スワローズ・石川の先発で始まった試合は、序盤から投手戦の展開になりました。

試合は5回の表裏で動きます。
表に今日先発スタメンの浅井が、タイムリーを放って先制すれば、裏に昨日猛打賞の飯原がタイムリー二塁打を放って、すぐさま同点に追い付かれ、1点を争う展開となりました。
7回にランナー2人を残して石川が降板し、増渕へリレーしますが、二死満塁の場面で増渕が暴投をし、労せずして勝ち越しました。
しかし、その後の追加点はありませんでした。

タイガースは7回久保田、8回西村、9回球児のリレーで逃げ切りを図りますが、西村はその8回にランナー一人をためてしまい、同点タイムリーを放った飯原に逆転2ラン(飯原は今日3打点)、そして今日来日デビューのホワイトセルに来日初アーチを浴び、無念のKO。(涙)
まさかの逆転負けを喫し、西村にプロ初黒星がついてしまいました。゜・(≧д≦)・°・

西村は今まで、良く頑張ったので、今日の失敗はそう簡単に責められません。
それに公式ボードでは、球審・石山による、可変式ストライクゾーンの判定に泣かされたみたいですし。(激怒)

鶴もスワローズのエース・石川相手に互角で渡り合いましたね。
6回1失点は胸を張って良いと思います。

むしろ一番の敗因は、僅か5安打しか打てなかった打線ですね。(涙)
そして1番・鳥谷と2番・平野に球音が全く聞こえず、一度も出塁出来ないのであれば、3番・マートンが好調なだけに苦しいですね。
ただ、昨日の試合が12安打で9得点だったので、所謂打ち疲れなのかもしれません。

これで3連勝の後で、反動が来てまさかの3連敗となってしまい、今季観戦勝率は5割へ逆戻り。ii||ll_| ̄|○ll||ii
来月4日に観戦する巨人戦が不安になりました。(´へ`;)ハァ

15年前、東京ドームで初めてタイガースの試合を観戦し、惨敗したので、当時の忘れ物を取り返したい意気込みなんですが・・・。

月が変わり、今季観戦勝率が5割へ逆戻りした事で、ゼロから出直して来ます。(;-.-)=3

明日はフォッサムと由規だと思いますが、フォッサムがあまりにも不安定過ぎるので、打線の早めの援護を強く望みたいですね。(;-.-)=3
  1. 2010/06/26(土) 18:57:13|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

観戦3連敗で、今季観戦勝率は5割へ逆戻り・・・。

7回に相手のミスで勝ち越し、8回までは誰がお立ち台なんだろう?と考えた矢先、西村が飯原に逆転2ラン、今日デビュー戦のホワイトセルにも来日初アーチを浴びてしまい、まさかの逆転負けを喫しました。ii||ll_| ̄|○ll||ii

今季観戦3連勝の後で、3連敗。
嫌でも昨年の忌まわしきトラウマが蘇ってしまいました。(´へ`;)ハァ

なんでオイラは勝ち試合観戦に恵まれないの~!゜・(≧皿≦)・°・
  1. 2010/06/26(土) 17:44:36|
  2. 阪神戦観戦試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

これから神宮球場にて、今季観戦6戦目







今、神宮球場外野自由席の列に並んでます。
曇り空で蒸し暑いです。(;x_x)

2週間前の日曜日の千葉、先週のハマスタと、只今観戦連敗中ですが、今日の試合で絶対に連敗を脱出して、勝ち試合だけを見たいです。

観戦勝率5割へ逆戻りするのは、絶対に嫌です。
どうか僕に神宮観戦2勝目&神宮観戦の借金完済を・・・!!(≧人≦) 続きを読む
  1. 2010/06/26(土) 11:59:14|
  2. 阪神戦観戦試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

6月25日・64戦目 ●東京ヤクルト4-9阪神○(神宮)

神 412 002 000=9
ヤ 000 020 020=4
[投手]
(阪神)
久保-久保田
(ヤクルト)
バーネット-高市-松井光-渡辺-押本
[勝ち投手]
久保 7勝 4敗
[負け投手]
バーネット 3勝 5敗


今日の試合は、序盤3イニングで試合を決めたようなものです。
先頭打者への四球からチャンスを掴み、初回にマートンのタイムリー、林ちゃんの2点タイムリー、桜井のタイムリーで4点、2回にブラゼルの犠牲フライで1点、3回に鳥谷のタイムリー、平野のタイムリーで2点を入れて、3回途中でスワローズの先発・バーネットをあっという間にKO。
6回には3番手・松井光を攻め立て、新井とブラゼルの連続タイムリーで2点を追加し、スワローズを圧倒しました。

タイガースの先発・久保は4回を無失点に抑えてましたが、5回青木に2点タイムリー二塁打、8回相川にタイムリー二塁打を打たれて4点を失いましたが、これで7勝目。

この試合のキーポイントは、先頭打者への四球です。
初回と二回は、鳥谷が先頭打者でしたけど、共に四球を選んでます。
以前から先頭打者への四死球はタブーだと、ブログで述べましたが、何度も実証されているので、攻撃は付け込んで、守備は絶対に与えないようにして、なるべくなら先頭打者をキッチリ抑えて欲しいですね。

明日、僕は神宮へ観戦して来ます。
今季、ここまでの観戦成績は3勝2敗で、横浜・神宮・千葉で観戦初勝利した後、連敗を喫してます。
しかも、日曜日の千葉と二度目の横浜では、共に外国人投手がデーゲームで先発して、炎上しちゃってます。(´へ`;)
その片方・スタンリッジはナイターで負けなしと言う事が分かりましたが、もう一人のフォッサムは正直、投げてみないと分からない不安があります。

明日・明後日の先発予想として、タイガースはフォッサムと鶴、スワローズは由規と石川の名前が挙げられます。
出来れば明日は、鶴vs石川を希望したい所ですけど、当日発表はどうなる事やら・・・。(;-.-)=3

とにかく、観戦3連勝の反動による3連敗だけは嫌ですし、昨年の酷過ぎる観戦成績の事を考えると、勝ち試合しか見たくないですね。

明日、勝ち試合を見られるように応援しますので、宜しくお願いします。m(_ _)m
  1. 2010/06/25(金) 21:40:07|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会一次リーグE組 ○(2勝1敗・勝ち点6)日本3-1デンマーク(1勝2敗・勝ち点3)●

日本3(前半2-0・後半1-1)1デンマーク
前半17分(日)本田②、前半30分(日)遠藤①、後半36分(デ)トマソン①、後半42分(日)岡崎①

試合が行われていた時間帯、僕は8時始業の仕事に差し支えるのを恐れて寝た為、熟睡中でした。( ̄∇ ̄;ゞ
で、今朝経過と結果を知った訳です。

先ずは岡田ジャパンへ一言。

戦前に3戦全敗と予想して、見くびってごめんなさい。m(_ _)m

ワールドカップ前に行われた試合の内容が、あまりにも酷過ぎたので、正直全く期待してませんでした。

しかし、そんな予想を見事に嘲笑うかの如く、格上のカメルーンに勝っただけでなく、同じく格上のデンマーク相手に快勝ですから、手のひら返しと言われようが、頭を下げるしかありません。(苦笑)

朝のニュースで得点シーンを見ただけの印象ですが、先制点と2点目はフリーキックで直接ゴールを狙った得点でした。
前半17分、ペナルティーエリア外右45度、ゴールからおよそ30mから、本田が直接ゴールを狙って左足で蹴った球は、無回転でGKの手前で急速に落ち、ゴール左隅に突き刺さり、今大会2得点目のゴールで先制点を挙げました。
2点目は前半30分、ゴールほぼ正面25mの距離から蹴り込んだのは、先制点を挙げた本田ではなく遠藤でした。
その遠藤の右足から放たれた球は、デンマークの5枚壁の右側を巻くように通り過ぎながら急速に落下し、GKの手の先を通ってゴール右下へ突き刺さって2点目。
遠藤は前回ドイツ大会に選出されるも、唯一3試合とも未出場に終わったので、これで借りを返せたようで良かったです。

前半は2-0と、日本のリードで折り返しました。

後半へ入って36分、日本はPKを与えてしまい、FW・トマソンのPKをGK・川島が一度は止めましたが、跳ね返った球をトマソンに直接押し込まれ、1点を返されました。
1点差へ迫られた日本はその6分後、ゴールを狙ってデンマークエリアへ突入した本田が相手選手を引きつけて中央にパスし、フリーだった岡崎が流し込んで、ダメ押し点となる今大会初得点で3点目を挙げ、日韓共催大会以来2大会ぶりの、決勝トーナメント進出を決めました。

3試合を戦って、2勝1敗・勝ち点6で、E組を2位通過(1位は3戦全勝・勝ち点9のオランダ)した事により、日本の決勝トーナメント初戦の相手は、F組1位の南米・パラグアイに決まりました。(F組2位はスロバキア)

過去、パラグアイとの対戦成績は1勝2敗3分けと、強敵です。

パラグアイとスロバキアのいるF組は、前回ドイツ大会覇者のイタリアもいましたが、不調で1つも勝てず、まさかのリーグ戦敗退に終わりました。
奇しくも準優勝のフランスも、リーグ戦でまさかの敗退を喫してます。

パラグアイとの試合は、29日の日本時間午後11時にキックオフされます。
厳しい戦いになるかもしれませんが、日本の勝利を願って応援したいですね。
  1. 2010/06/25(金) 17:02:21|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

僕と鳥取(プラス島根イコール山陰)

一昨日、昨日とタイガースは鳥取県米子市にてカープとの試合を戦い、連勝で終わりました。
今日は試合がないので、試合が行われた鳥取県について書きたいと思います。

僕は過去、鳥取へは二度行った事があります。
最初に行ったのはミレニアムイヤーの2000年夏。
その時は大阪から当時あった夜行快速に乗って、先ずは出雲市へ行き、一畑電車に乗って出雲大社へ参拝しました。
現地で出雲そばを味わった後、玉造温泉の日帰り温泉に浸かり、松江へ移動して松江市内を観光しました。
その後米子へ移動して、皆生温泉の日帰り温泉に浸かって、夜行快速で大阪へ向かったのです。

二度目は2005年夏。
夜行バスで京都まで移動し、山陰線に揺られて餘部で途中下車し、今年コンクリート橋へ建て替えられた余部鉄橋を駅から、鉄橋の下からと眺めながら写真を撮り続けたものです。

その後、鳥取まで移動し、鳥取砂丘の壮大な景色に見とれ、夜は鳥取市内に湧く温泉銭湯4軒全てハシゴした後で、お寿司をつまんだものです。

翌日も鳥取市内を観光してから、米子乗り換えで境港へ行き、ゲゲゲの鬼太郎の世界と一体化した海沿いの街を、ぶらぶら歩きながら観光しました。
米子市内のホテルを予約してた為、米子まで戻って、ホテルの真っ正面にある寿司屋で赤貝ご飯を美味しく戴きました。

結局、鳥取県内で観光した都市は米子、鳥取、境港の3都市です。

鳥取にはもう一つ、倉吉があり、倉吉には風情のある街並みや、三朝温泉があります。

更に鳥取市内から少し離れた所にある賀露(かろ)漁港周辺には、美味しい魚介類を食べさせてくれる食事処があります。
美味しい魚介類を食べさせてくれるのなら、境港もオススメです。

そして鳥取市がカレールウ消費量日本一という事から、カレーで町おこしをしているようなので、カレーも食べてみたいですね。

過去二度とも完全に観光したとは言えないので、その時に行ってない所へも行きたいですし、一度行った所へも再び行きたいですね。

でも、鳥取へ三度目に行くのは、いつの事になるのやら。(笑)
  1. 2010/06/24(木) 19:36:21|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月23日・63戦目 ●広島4-9阪神○(米子市民球場)

神 130 000 104=9
広 000 200 110=4
[投手]
(阪神)
スタンリッジ-久保田-西村-上園
(広島)
スタルツ-上野-大島-岸本
[勝ち投手]
スタンリッジ 3勝 1敗
[負け投手]
スタルツ 3勝 4敗


米子での試合第2戦目はスタンリッジとスタルツ、両外国人投手の先発でした。
前回千葉ロッテ戦(デーゲーム)で炎上し、序盤でKOされたスタンリッジは、得意のナイターで汚名返上を図ります。
そのスタンリッジは、4回に無死満塁の大ピンチを迎えましたが、犠牲フライ2つによる2失点で抑え、6イニングを100球未満の投球数で試合を作りました。
やはり、スタンリッジは夜の帝王でした。(爆笑)
その証拠に、ナイターは5試合登板して、3勝負けなしですから。( ̄∇ ̄;ゞ

一方の打線は、初回に併殺崩れで先制した後、続く2回に鳥谷とマートンのタイムリーで3点を取り、試合の主導権を握ります。
2点差まで詰め寄られて迎えた7回表、マートンの貴重なタイムリーで1点を追加しましたが、先発・スタンリッジをリリーフした久保田と西村が共に1点ずつ失い、点差は僅か1点に迫られました。

後は守護神・球児が抑えて、と思った矢先の9回表、途中出場の大和がヒットで出塁、続く鳥谷が二塁打を放ち、エンドランでスタートしていた大和が一塁から一気に本塁へ生還し、点差は2点へ。
更に平野が鳥谷を三塁へ送って、マートンがタイムリーを放ち、3点差。
新井もヒットで繋いで、ブラゼルがトドメの2点タイムリーで一挙5点を挙げ、米子での試合を連勝しました。

今日は中でも鳥谷とマートンが共に4安打と大暴れで、鳥谷は2日連続の猛打賞と相成りました。
昨日まで5試合連続アーチを放ったブラゼルでしたが、残念ながら今日の試合でアーチは生まれず、記録はストップしましたけど、2点タイムリーを放つなどチームの勝利に貢献しました。

5点差の場面、9回裏に誰を登板させるのかと思いきや、2日続けて上園でした。
上園は2日続けて結果を出したので別に悪くはないんですけど、彼は元々先発タイプですし、僕は5点リードの場面で、プロ初の一軍へ昇格した横山のプロ初登板を期待してただけに、その点は残念です。
昨日の試合も6点リードでしたしね。

明日は神宮への移動日の為、試合はありませんが、土地柄阪神ファンが多いと言われている、山陰の阪神ファンの方々がら笑顔で連日球場を後に出来て、良かったなぁと思いました。(*^_^*)

次に対戦する東京ヤクルトは、今月途中まで低迷して高田監督が休養(辞任)へ追い詰められましたが、小川監督代行へ代わって、最近調子を取り戻しつつあるので、油断は禁物です。
着実に試合を勝ち続け、貯金を着実に増やして欲しいですね。(この日の勝利で、貯金は真弓阪神史上初の「8」になりました。(*^-^)b)
  1. 2010/06/23(水) 22:42:42|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

6月22日・62戦目 ●広島7-13阪神○(延長11回)(米子市民球場)

神 101 120 020
広 002 203 000
  06=13
  00=7
[投手]
(阪神)
下柳-渡辺-西村-久保田-藤川-上園
(広島)
大竹-大島-上野-広池-ベイル-斉藤-梅津
[勝ち投手]
藤川 3勝 1敗 13S
[負け投手]
梅津 1敗
[本塁打]
(阪神)
ブラゼル23号ソロ
城島11号ツーラン
マートン9号満塁
(広島)
梵6号ツーラン

今日・明日とタイガースは鳥取県米子市にて試合を戦います。
米子市は戦前活躍した土井垣さん等の出身地という事で、タイガースファンが多いんだそうです。
それだけでなく、元エースの井川慶がプロ初勝利を挙げたのはこの米子でしたし、アニキもこの米子でホームランを打った事があり、全国球場弾の球場リストに入ってます。


そんな米子で3年ぶりに行われた試合は、序盤から乱打戦の様相を呈した試合になりました。
しかし、最終的に笑ったのはタイガースでした。

2点差を追う8回表、代打・関本が2点タイムリー3塁打を放ち、同点に追いついて、その裏から登板した久保田が2イニングをピシャリと抑えて、試合は延長戦へ突入。

延長10回表、一死満塁と勝ち越しのチャンスを、マートン・新井が凡退し無得点と悪い流れが来てしまいましたが、守護神・球児が悪い流れを断ち切り、迎えた延長11回表に1アウト後から登板した広島の7人目・梅津を梵のエラーから攻め立て、代打の神様・ひーやんが2点タイムリーを放ち、勝ち越しに成功。
更にマートンが満塁の場面でグランドスラムを放ち、長時間にわたる乱打戦に終止符が打たれました。

しかし、1点リードした場面でリリーフ登板した渡辺が、一つもアウトを取れず降板した点は頂けません。
ただ、連日の登板過多による疲れなのかもしれませんし、最近は制球が安定しない位不調ですからね。

そして、以前にも述べた通り、先頭打者への与四死球は失点に比較的繋がりやすいので、出来る事なら抑えて欲しいですね。
3回の2失点はまさにこのパターンでした。

そして、拙攻を減らして欲しいですね。
そうすれば、得点が比較的入りやすくなりますからね。

そして、大竹に2ランスクイズを決められたので、相手に隙を見せた守備面でも反省して欲しいですね。

明日の先発は、千葉マリンで大乱調だったスタンリッジだと思います。
ただ、今回は千葉マリンのようなデーゲームではなく、米子でのナイターだから、この前のような乱調にはならないと願ってますが・・・。
対戦相手は・・・マエケン以外の誰かでしょう。(笑)

絶対に勝って、次の開催球場が行われる神宮へ繋いで欲しいです。
  1. 2010/06/23(水) 00:04:49|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会一次リーグE組 ●(1勝1敗・勝ち点3)日本0-1オランダ(2勝・勝ち点6)○

日本0(前半0-0・後半0-1)1オランダ
後半8分(オ)スナイデル①

まぁ、過去準優勝2回、FIFAランク4位のオランダが相手ですし、直接対決で0-3と完敗だった為、正直2~3点の失点を覚悟してましたし、一番良くてスコアレスドローだと思ってました。

しかし、前半はオランダの攻撃陣を封じてゴールを許さなかったので、健闘したと思います。
ただ、後半に入ってから攻撃陣が封じられて眠っているかのように見えたオランダが徐々に目を覚まし、守備陣の一瞬の隙を突いて、スナイデルの強力ミドルシュートがGK・川島を弾いてゴールネットに突き刺さってしまいました。
川島のパンチングは悪くなかったと思いますが、シュートの威力が強烈過ぎました。

その後、なんとか同点に追いつこうとして、中村俊輔、岡崎、玉田を投入しますが、直前の連戦で精細を欠いていた中村俊輔の調子はまだ本調子じゃないと思いましたね。大久保や岡崎がオランダゴールを狙いましたが割る事を出来ず、逆に川島はオランダの2点目を許しませんでした。

結果、1点差での惜敗でしたが、強豪・オランダ相手に良くやったと思います。
直接対決の時よりメンバーは違えど、失点は減りましたから。
ただ、オランダのゴールネットを揺らすのは、前回の直接対決も今回のリーグ戦も出来ませんでしたけど。

本田はカメルーン戦でゴールを挙げた事により、オランダからのマークがキツくなってて、本来の動きが出来なかったと思います。
ただ、余力が残っていた松井を、なぜ不調の中村俊輔へ替えたのか、個人的には疑問に思いますね。

次戦はデンマークですが、デンマークがカメルーンを下した為に、オランダの一次リーグ戦突破が確定し、カメルーンの一次リーグ戦敗退が確定しました。
従って、日本とデンマークの直接対決で、E組残り1つの椅子を争う事になったのです。
デンマークがFIFAランク36位なのに対し、日本のFIFAランクは45位とデンマークより下ですが、FIFAランク19位のカメルーンを下しているので、決して倒せない相手ではないと思います。
決勝トーナメントを争う試合は24日(日本時間では25日の早朝3時頃)に行われます。

最初は全く期待してませんでしたが、カメルーン戦の勝利により、だんだん期待しつつあります。
日韓共催以来、2大会ぶりの決勝トーナメント進出の行方は勝つか引き分けで日本、負けでデンマークと、日本がやや優位です。
日本がここまで来たからには、決勝トーナメントへ是非とも進出して頂きたいですね。
試合が行われる時間が時間なので(苦笑)、25日朝に吉報を待つ事にします。 続きを読む
  1. 2010/06/21(月) 21:18:50|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

6月20日・61戦目 ○横浜14-6阪神●(横浜スタジアム)

神 100 020 021=6
横 210 323 30X=14
[投手]
(阪神)
フォッサム-筒井-上園-金村暁-久保田
(横浜)
清水-真田-小林太-江尻
[勝ち投手]
清水 7勝 5敗
[負け投手]
フォッサム 2勝 3敗
[本塁打]
(阪神)
鳥谷7号ソロ
ブラゼル21号ツーラン
ブラゼル22号ソロ
金本7号ツーラン
(横浜)
内川3号ツーラン
カスティーヨ6号ソロ
スレッジ13号ソロ
スレッジ14号スリーラン

最初、鳥谷の先頭打者弾から一気に攻められるかと思ったら、得点は僅か1点のみ。(´へ`;)ハァ
その裏、フォッサムは立ち上がりから不安定極まりなく、内川に逆転2ランを浴びました。(-_-メ)
逆転された後、攻撃で同点もしくは逆転のチャンスは作るものの、拙攻の連続で得点出来ず、逆に横浜打線には一発ありタイムリーありなど、タイガースの投手陣が打撃投手と化したかのような見事な打たれぶり。_| ̄|○
3回と8回以外、8回の攻撃で6回も失点しているようでは・・・。(´へ`;)ハァ
拙攻と投手陣の崩壊によるダブルパンチを、モロに食らっての惨敗試合でした。_| ̄|.....(;x_x)

正直、外国人投手に先発起用を期待したらダメですね。(;-"-)
先週のスタンリッジといい、今日のフォッサムといい・・・。ヽ(*`皿´*)ノ
メッセンジャーも二軍の試合で不安定ぶりが露呈してますから、スタンリッジはナイターでもう少し様子見しても良いですけど、フォッサムとメッセンジャーは期待ハズレですね。(-_-メ)
そして、首脳陣は何考えてんだか理解出来ませんね。(`へ´)=3
久保を筆頭に木戸・岡・山脇・吉田の各コーチ、今年限りでお引き取り願えますかね?(-_-メ)
正直、コイツらはダメな指導者ですよ。
特に久保は・・・!!ヽ(*`皿´*)ノ

鳥谷・ブラゼル(2発)・アニキと4本のホームランだけが収穫でしたけど、正直寂しいし、応援が報われなくて虚しかったです。(i_i)

これで先週日曜日に続いて連敗し、観戦成績は3連勝の後で連敗を喫した為3勝2敗、2ヶ月前に観戦初勝利を果たしたハマスタで、また借金が増え1勝4敗。(;x_x)
もう負け試合なんか二度と見たくありませんね。(`へ´)=3

来週土曜日、神宮でのデーゲームへ行って来ますけど、観戦連敗を絶対に止めて欲しいです。(;-.-)=3
  1. 2010/06/20(日) 18:14:46|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

初観戦以来の惨敗・・・。

3回と8回以外は全て失点、得点はホームランのみで二桁安打の割には拙攻の山と悲惨でした。(;x_x)

これで先週の千葉マリンに続いて連敗。(;x_x)
観戦3連勝の勢いは両ダメ外人投手によって、薄れそうです。(-_-メ)

来週、連敗を神宮でストップ出来るのだろうか?(´へ`;)ハァ
もう、ダメ外人投手の先発なんか見たくねぇんだよ!!ヽ(*`皿´*)ノ
  1. 2010/06/20(日) 17:30:56|
  2. 阪神戦観戦試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜スタジアムにて今季観戦5戦目。






これから、横浜スタジアムで観戦応援します。
先週日曜日のサヨナラ負けの借りは、海繋がりの横浜で返します!(^o^)/ 続きを読む
  1. 2010/06/20(日) 12:39:12|
  2. 阪神戦観戦試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月19日・60戦目 ●横浜3-7神○(横浜スタジアム)

神 100 420 000=7
横 100 002 000=3
[投手]
(阪神)
久保-渡辺-西村-上園
(横浜)
大家-ブーチェック-加藤-江尻-佐藤-真田
[勝ち投手]
久保 6勝 4敗
[負け投手]
大家 2勝 2敗
[本塁打]
(阪神)
新井9号ソロ
ブラゼル20号ソロ


今朝の日刊での先発予想はタイガースが久保、ベイスターズが三浦でした。
しかし実際、タイガースは久保のままでしたが、ベイスターズはメジャー帰りの大家友和でした。
過去、第一次ベイスターズ在籍中の大家と対戦したかどうかは定かではありませんが、タイガース打線は大家を全く苦にしませんでした。
4回には2アウトからの連打で一挙4得点。
続く5回には新井とブラゼルのソロホームランで、大家をKOしました。(*^-^)b

一方の久保は6回でおよそ120球台・3失点と、球数が多くて苦しみましたが、ピンチを併殺などで切り抜けて試合を作りました。(;^o^)=3

この試合の勝利により、真弓監督は通算100勝を達成しました。\(≧∀≦)/
おめでとうございま~す。\(≧∀≦)/

ただ、9回に4点差の場面で登板させたのが、上園だとは疑問を抱かずにはいられませんでした。(;-"-)
今のタイガースは先発不足に悩んでいるのに、なぜ上園を先発として起用しないのか?(;-"-)
同じく若手の鶴を、なぜ先発要員として、一軍へ昇格させないのか?(;-"-)
調子が不安定な助っ人に先発を託すより、若手に先発を託した方が良いと思いますが・・・。(;-"-)

その日に投げてみないと分からないフォッサムとメッセンジャー、ナイターでは結果を出し始めたがデーゲームはからきしダメなスタンリッジ。(;-"-)
同じ助っ人でも、今は極度の不振に喘いで、二軍での生活を余儀なく過ごすジェン君を、(二軍で結果を出し続けたら)先発として起用して欲しいですね。

明日はデーゲームなので、デーゲームでの防御率が11点台と極端に悪過ぎるスタンリッジの先発は止めて、ナイターでの先発で起用して欲しいですね。(;-.-)=3

対する相手の先発は、長年の天敵・三浦番長か、元ロッテのエース・清水直行でしょうね。
相手の事ですから、6割三浦、4割清水の割合で予想しておきます。(予想が全くハズれたりして・・・。www)

その明日の試合、僕は今季5戦目の観戦へ行って来ます。
今からおよそ2ヶ月前、ハマスタで行われたその試合はアニキがフルイニング出場を、自らの決断で止めた試合でした。
終盤まで苦しい展開でしたが、ブラゼルの逆転場外3ランに救われて、観戦15年目にして悲願の首都圏観戦初勝利の瞬間を迎えました。\(T∇T)/
それから神宮でも、地元・千葉マリンでも観戦初勝利。\(T∇T)/
しかし、千葉マリン観戦今季2戦目で無念のサヨナラ負けを喫し、観戦連勝は3(前年のナゴヤからだと4)でストップ。゜・(≧д≦)・°・
負け試合や引き分け試合はもう見たくないし、昨年のような連敗地獄はもう二度と御免なので、明日の試合が勝ち試合になる事を強く願って、応援頑張ります!o(^▽^)o
  1. 2010/06/19(土) 18:08:56|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

6月18日・60戦目 横浜-阪神 雨天中止 (横浜スタジアム)

1ヶ月にわたって行われた交流戦が終わり、今日からセ・リーグ5チームとの試合が再開される予定でしたが、今日試合が行われる横浜スタジアムの該当する関東南部は、今週月曜日に梅雨入りし、雨予報には勝てず再開初戦の今日、雨天中止が決まりました。(´へ`;)ハァ

明日も明後日も横浜地方は雨が降る模様で、最悪1カード丸ごと雨で流される恐れも出て来ました。ii||ll(;x_x)ll||ii
20日・日曜日にハマスタ観戦を予定している僕にとって、頭の痛い事です。

ちなみに今日の先発予想、日刊ではタイガースが久保、ベイスターズがメジャー帰りの大家となってました。

明日・明後日はデーゲームなので、デーゲームでの成績があまりにも悪過ぎる下さんとスタンリッジの先発起用は止めて欲しいですね。
ハッキリ言って、2人は夜行性ですよ。(;-"-)
そりゃあ、デーゲームだろうが、ナイターだろうが、プロなんだから関係ないし、贅沢なんか言ってられないのは分かってますが、内容と数字は嘘つかないですから。

ベイスターズは恐らく天敵・三浦と元ロッテエース・清水が控えていたと思います。
タイガースは正直久保以外、誰が投げるのか読めません。(;-"-)
出来る事なら、鶴と上園を先発枠へ戻して欲しいんですが・・・。(;-.-)=3

それにしても、日曜日のサヨナラ負けから今日で5日目ですか。(´へ`;)ハァ
日曜日、雨が小降りになる事と勝ち試合になる事を願うのみです。(≧人≦)
  1. 2010/06/18(金) 19:16:14|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

2010年日本生命セ・パ交流戦を振り返る

昨日、2010年日本生命セ・パ交流戦は、ナゴヤドームでの中日vs北海道日本ハム戦をもって、全日程を終了しました。
(その試合で中日の守護神・岩瀬仁紀投手がプロ通算250Sを達成して、名球会入りしましたね。同世代として、一野球選手として、おめでとう。)

2005年から始まってから6年目の今年は、パ・リーグ6チームの上位独占という結果に終わり、セ・リーグは巨人が勝率5割で終えるのがやっとで、タイガースは11勝12敗1分けの借金1、12球団中8位に終わりました。_| ̄|○

1.オリックス 16勝8敗0分け
2.埼玉西武 14勝10敗0分け
3.福岡ソフトバンク 13勝10敗1分け
4.千葉ロッテ 13勝10敗1分け
5.東北楽天 13勝10敗1分け
6.北海道日本ハム 12勝11敗1分け
7.巨人 12勝12敗0分け
8.阪神 11勝12敗1分け
9.中日 11勝13敗0分け
10.広島 10勝12敗2分け
11.東京ヤクルト 9勝14敗1分け
12.横浜 6勝18敗0分け
(全24試合。勝率・勝利数が並んだ場合は、前年交流戦順位の上位球団が上位。)

タイガースのデータは以下の通りで、今年優勝したオリックスと2位の埼玉西武に負け越したのが痛過ぎました。(;x_x)
そして、福岡ソフトバンク戦の1分けが余計で、この試合を勝ちさえすれば勝率5割以上が決まっただけに悔しいですね。゜・(≧皿≦)・°・
個人的には、先週末日曜日の試合が負け試合だったのが一番悔しいですけど。゜・(≧皿≦)・°・


○対戦成績
・オリックス 1勝3敗
・埼玉西武 1勝3敗
・福岡ソフトバンク 2勝1敗1分け
・千葉ロッテ 3勝1敗
・東北楽天 2勝2敗
・北海道日本ハム 2勝2敗

○チームデータ(括弧内の数字は順位)
・勝 率 .478(8)
・得 点 102(6)
・失 点 103(7)
・本塁打 24(5・埼玉西武とタイ)
・打 率 .270(4)
・防御率 3.79(6)

見て分かる通り、得点より失点が僅か1上回ってしまってます。
そして、防御率は真ん中ですけど、トップはパ・リーグ最下位の北海道日本ハム、2位はパ・リーグ5位の東北楽天で、この2チームとの対戦が、共に五分の星だったのは単なる偶然の一致ですかね?(゚ぺ;)
打率が4位なのに、この順位なのは、ヒットが得点に結びついていないか、はたまた投手陣の崩壊での失点が原因なのかもしれません。(´へ`;)ハァ
本塁打だって、そんなに悪くない数字でしたから。(巨人の数字は正直異常ですから。)

しかし、今のタイガースは主力選手の怪我や不調などで、ベストメンバーが揃っていないにもかかわらず、セ・リーグは2位を死守、セ・リーグ6チームが軒並み苦戦した交流戦にて、借金1で済んで良かったという見方も出来るかもしれません。
ただ僕としては、出来る事なら貯金で交流戦を終えて欲しかったんですけどね。(;-"-)

明日からセ・リーグ5チームとの戦いが再開しますけど、勝てる試合は勝ちに行って欲しいですし、最後まで諦めないネバサレ魂を常に持って欲しいですね。(;-.-)=3
  1. 2010/06/17(木) 19:53:04|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

来月7月の観戦予定

今月6月は先週末の連戦を含め、過去最大4試合の観戦ですが(しかも7月の対巨人戦を含め、4週連続の観戦!!)、来月7月は2試合の観戦予定です。

7月4日(日)
東京ドーム・対巨人戦
指定席C
2階3塁側
D37ブロック
41ゲート
11通路
3列
229番

7月18日(日)
神宮球場・対東京ヤクルト戦
B指定席
3塁側
12入口
1階
13列
164番

どうか、この2試合が勝ち試合でありますように・・・。(^人^)

ちなみにチケットは、ファミポートのイープラスで購入しました。
以前、ファミポートにはチケットぴあもあったのに、5月限りで撤退しちゃったからなぁ・・・。_| ̄|○
  1. 2010/06/16(水) 20:59:08|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会一次リーグE組 ○(1勝・勝ち点3)日本1-0カメルーン(1敗・勝ち点0)●

日本1(前半1-0・後半0-0)0カメルーン
前半39分(日)本田①

正直、僕は岡田ジャパンに対して、期待なんかしてなくて、さっさと惨敗して更迭されて欲しいと願ってましたし、更にはその原因である日本サッカー協会の川淵と犬飼などに辞任して貰い、協会を早く新体制にして欲しいと、非国民で天の邪鬼的な事を考えてました。(爆)
それ位、日本のサッカーを絶望視していた訳です。(´へ`;)ハァ

昨晩から日にちを跨いで行われたカメルーン戦を、ラジオでぼーっとしながら聴いていたら、前半39分に松井大輔(グルノーブル)からのクロスボールを、この日1トップだった本田圭佑(CSKAモスクワ)がワントラップ後左足で決めて、先制ゴールを奪い、守ってはGK・川島永嗣がナイスセーブするなど全員守備で、1点のリードを守りきり、今大会初勝利で勝ち点3をゲットしました。

僕は途中まで、ブブゼラが鳴り止まない試合をラジオで聴いてましたが、寝ないと翌日の仕事に差し支えるので、スリープタイマーをかけて寝、翌朝に結果を知った訳です。

岡田ジャパンは今から12年前、フランス大会に出場して3戦全敗でしたし、直前の試合でも不甲斐ない内容の連続でしたから、期待なんか出来ませんでした。(○`ε´○)
しかし、良い意味で期待を裏切ったので、ひとまず勝てて良かったと思います。

次の対戦相手・オランダにはぶっちゃけ勝てっこないので、デンマーク戦を勝てるか負けるかで、一次リーグ突破出来るかどうかが決まると思ってます。

日本の第2戦目・オランダ戦は19日に行われますけど、あまり期待せず、静観しながら動向を見守ろうと思います。
  1. 2010/06/15(火) 19:41:38|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昨日の観戦報告




昨日、マリンスタジアムで観戦し、サヨナラ負けで今季の観戦連勝記録が3でストップし、一夜明けても悔しさは残ったままです。゜・(≧皿≦)・°・
スタジアム内は携帯の電波が悪く(使っている携帯がかなりボロくなっているからかもしれませんが)、観戦中応援に集中してて、画像を載せてなかったので、この場で載せ、ちょっとした観戦報告をします。

一番記憶に残ったのは、初めて生で「踊るおっちゃん」を見た事ですね。
黄色いトレーナーを着て、周りと一生懸命踊っている姿を見て、爆笑せずにはいられませんでした。(≧∀≦)ノ_彡☆バンバン!!wwwwwwwww
ワイドビジョンにどアップで写っていたので、ワイドビジョンを見ながら爆笑してました。wwwwwwwww

延長10回裏、球児が井口にサヨナラソロホームランを打たれた瞬間、ショックの余り天を仰いで、井口のヒーローインタビューが始まる前に、客席から抜け出しました。
残ったのは、肉体的にも精神的にも疲れだけでした。(;x_x)

今週末の横浜戦で、絶対に勝ち試合を見たいので、応援頑張ります。(;-.-)=3
  1. 2010/06/14(月) 10:16:32|
  2. 阪神戦観戦試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

6月13日・59戦目 ○千葉ロッテ9x-8阪神●(延長10回サヨナラ負け)(千葉マリンスタジアム)

神 101 030
ロ 230 200
  102 0=8
  100 1X=9
[投手]
(阪神)
スタンリッジ-上園-川崎-西村-渡辺-藤川
(ロッテ)
渡辺俊-古谷-内-伊藤-薮田-小林宏
[勝ち投手]
小林宏 2勝 1敗 11S
[負け投手]
藤川 2勝 1敗 13S
[本塁打]
(阪神)
ブラゼル19号ツーラン
(ロッテ)
井口5号ソロ


予想通り、スタンリッジvs渡辺俊介の先発となりましたが、スタンリッジは今日の試合で、夜行性でしか動かない事が分かりました。
下さん同様、デーゲームはからきしダメですね。(-_-メ)
それだけでなく、代わった投手が四球を与えたり、ミスが失点に繋がったりした事が、表には出ない乱打戦の原因でしたね。(;-"-)

逆に打つ方は二桁18安打を放ちましたが、ここぞという時に出なかったのが、苦戦の原因でしたね。(;-"-)
6回はランナー2人を貯めながら無得点でしたし、9回は1点差に迫り、マリーンズ守護神・小林宏之の暴投で同点に追いついてさぁ、これから逆転という時に凡退。(´へ`;)ハァ
特に鳥谷は6タコと散々でしたし、桜井は攻守ともダメでした。(-_-メ)

延長戦へ突入し延長10回裏、守護神・球児が井口にサヨナラソロホームランを打たれ、交流戦の負け越しが決定。(i_i)

更に4月からの観戦連勝記録が3(昨年のナゴヤドームの試合を含めると連勝は4)でストップ、そして昨年連敗の借りを完全に返すはずだったのに、1勝1敗で±0になり、借金2へ逆戻りしてしまいました。ii||ll_| ̄|○ll||ii

一言、悔しいです!!゜・(≧皿≦)・°・

しかし、悔やんでも次の戦いは来週にもやって来ます。
横浜スタジアムでの横浜戦です。
負け試合はこの1試合だけにして、来週から勝ち試合を見たいですね。(;-.-)=3
  1. 2010/06/13(日) 18:36:21|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:10

6月12日・58戦目 ●千葉ロッテ2-4阪神○(千葉マリンスタジアム)

神 010 110 100=4
ロ 000 000 011=2
[投手]
(阪神)
久保-藤川
(ロッテ)
吉見-内-古谷-秋親
[勝ち投手]
久保 5勝 4敗
[負け投手]
吉見 2勝 2敗
[セーブ]
藤川 2勝 13S
[本塁打]
(阪神)
ブラゼル18号ソロ
城島10号ソロ
金本6号ソロ
(ロッテ)
今江4号ソロ


今日は何と言っても、久保の好投に尽きます。
阪神移籍後初めて、かつて在籍した千葉ロッテの本拠地・千葉マリンスタジアムでの先発登板となりました。
その登板で序盤3回まで毎回安打を許しましたが三塁を踏ませない投球で、4回以降になるときっちり三者凡退に抑え、7回まで3安打投球で、引き続き三塁を踏ませませんでした。
しかし、8回に久保から2安打を放った今江が猛打賞を決めるソロホームランを打ち、完封はなくなってしまいました。_| ̄|○

一方打撃は、2回に昨年のマリンでの試合で孤軍奮闘したブラゼルが先制ソロホームランを放った後、4回には城島がソロホームラン、5回にはアニキのタイムリーで3点リードし、マリーンズ先発・吉見を5回でマウンドから引きずり降ろしました。(*^-^)b
更に7回には、3番手の左腕・古谷からアニキのホームランが出て4点差。\(≧∀≦)/
先述の通り、3点差にされた所で守護神・球児が登板しましたが、代打・竹原のタイムリー二塁打で2点差に迫られるも、代打・ムニスを三振で片付けて、反撃はここまで。(;^o^)=3
タイガースが2007年以来、マリンスタジアムでの連敗記録を4で止め、対マリーンズ戦の勝ち越しを決め、更に守護神・球児が全12球団の本拠地にてセーブを達成しました。(*^-^)b

明日の先発は、スタンリッジvs渡辺俊介でしょう。
明日の試合で1ヶ月にわたる交流戦を終えますけど、明日の試合は交流戦の勝ち越しが賭かっているので、明日も絶対に勝って欲しいですね。(^人^)

今日、昨年の借りを1つ返しましたが、借りはもう1つ残っているので、明日の観戦で完全に返したいです。(^o^)/

ただ、天気予報で明日は雲行きが怪しいのが不安ですけど。(´へ`;)ハァ
  1. 2010/06/12(土) 18:48:35|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:8

千葉マリンでも観戦初勝利!





遂に地元・千葉マリンでも観戦初勝利が成就しました!\(≧∀≦)/

今年はハマスタ、神宮に続いて、遂に地元・マリスタでも初めての勝ち試合を見られました!\(≧∀≦)/
次は東京ドームだ!(^o^)/

明日、空模様が怪しいですけど、応援頑張ります!(^o^)/
  1. 2010/06/12(土) 17:29:21|
  2. 阪神戦観戦試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

千葉マリンスタジアム


いよいよやって来ました決戦の場。
絶好の野球観戦日和なんですけど、とにかく暑い!!(;x_x)

ちなみに先発は予想通り、久保vs吉見でした。
  1. 2010/06/12(土) 12:40:25|
  2. 阪神戦観戦試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

交流戦ラストカード・対千葉ロッテ戦・千葉ラウンド

いよいよ明日・明後日で、タイガースの2010年日本生命セ・パ交流戦は幕を閉じます。
ラストカードは、千葉マリンスタジアムでの、対千葉ロッテ戦です。

甲子園ラウンドでは、初戦はサヨナラ勝ち、2戦目は快勝でした。
先発投手はタイガースが久保とスタンリッジ、マリーンズが今季途中横浜から金銭で移籍した吉見かマーフィーと渡辺俊介だと思います。
明日土曜日は久保vs吉見orマーフィー、明後日日曜日はスタンリッジvs渡辺俊介の対戦だと、僕は睨んでます。

一番気をつけなければならないのは、マリンスタジアム独特の風でしょう。
海沿いにある球場という点では、甲子園と同じですけど、甲子園の浜風とは性質的に全く異なります。
特に影響されやすいのは、やはり守備でしょうか。(;-"-)
プレーする機会が少ないとは言え、細心の注意を払って欲しいですね。(;-.-)=3
特に守備に難がある桜井や新井はね。(;-"-)

タイガースのマリンスタジアムでの試合は、2007年に当時の守護神・小林雅英(現・巨人)を打ち崩しての逆転勝ちをして以来、引き分けを挟んで現在4連敗中で、マリンスタジアムは1つの鬼門と化してます。(´へ`;)ハァ
昨年は、土日とも得点がブラゼルのソロアーチによる1点づつと、あまりにも寂しい内容で連敗してしまいました。゜・(≧皿≦)・°・

その連敗を止める為、そして念願の地元・千葉マリンスタジアムにて勝ち試合を見る為、更に昨年の雪辱を果たす為、既にブログにてお知らせしてますけど、明日・明後日千葉マリンスタジアムにて連戦観戦して来ます。
昨年の悔しさがあるからこそ、僕は勝ち試合しか見たくないので、勝ち試合になるよう、応援頑張ります!(^o^)/
  1. 2010/06/11(金) 16:43:09|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

6月10日・57戦目 ●埼玉西武4-8阪神○(西武ドーム)

神 300 300 200=8
西 020 000 020=4
[投手]
(阪神)
下柳-筒井-上園-藤川
(西武)
石井一-許-武隈-田中-松永-大沼
[勝ち投手]
下柳 4勝 4敗
[負け投手]
石井一 6勝 4敗
[本塁打]
(阪神)
新井8号ツーラン
(西武)
高山4号ツーラン

甲子園の時以来の、下さんvs石井一久の対戦でしたが、初回からタイガースは石井一久の立ち上がりを攻め立て、マートンの2試合連続となる先制タイムリーを放ち、更に新井が2ランホームランが出て、下さんにいきなり3点を援護します。
しかし、下さんは2回裏に乱れ、平尾のタイムリーと片岡の犠牲フライで、点差は1点へ。(´へ`;)ハァ
西武は3回で何故か先発の石井一久を降ろし、4回から許に交代させますが、虎にとってはこの投手交代が吉と出ました。(;^o^)=3
その代わった許を攻め立て、城島のタイムリー、鳥谷のタイムリーなどで、点差を4点へ広げました。(*^-^)b
7回には4番手・田中から城島のタイムリーなどで2点をもぎ取り、点差は6点へ更に広がりました。(*^-^)b
これで下さんは楽になった所為か、7回2失点で試合をしっかり作りました。
しかし、8回裏に下さんから代わった筒井が高山に2ランを浴びて、点差は4点に。(;-"-)
この失点さえなければ、守護神・球児を休ませられたのにと思うと、残念ですね。(;-"-)
けど、西武ドームでの連敗脱出の為には、やむを得ない起用です。(;-.-)=3
結果、西武ドームでの連敗を4で止めて、ライオンズに一矢を報いました。(;^o^)=3
更に前回、甲子園での対戦で負けた下さんが石井一久に勝って、雪辱を果たしました。(*^-^)b

初回は石井一久を攻め立てての得点でしたが、4回と7回は相手のエラーが絡んでの得点で、今日のライオンズのエラー・3つがそのまま得点に繋がりました。
1点差まで詰め寄られた時はどうなるかと思いましたが、チャンスの場面で追加点を取れた事が一番大きかったですね。(;^o^)=3

1ヶ月にわたる交流戦も残るは1カード・千葉マリンスタジアムでの対千葉ロッテ戦です。
ただ、不安な事に今季の交流戦で千葉ロッテのマリンスタジアムでの主催試合は未だ負けなし(→今日の広島戦にて延長戦の末に7-12で敗れ、マリン不敗神話が遂に崩壊)、2007年に当時の守護神・小林雅英を打ち崩して以来、タイガースは引き分けを挟んで4連敗中と、不吉なデータが出てます。(´へ`;)ハァ
昨年のカードは、共にブラゼルのソロアーチによる1点のみと、寂しい負け試合を地元・千葉で観戦してしまいました。_| ̄|○

昨年の雪辱に燃える今年は、勝ち試合しか見たくないので、週末は3連勝で終えて、交流戦での貯金1を掴み取って欲しいですね。(^人^)
  1. 2010/06/10(木) 22:53:33|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月9日・56戦目 ○埼玉西武2x-1阪神●(9回サヨナラ負け)(西武ドーム)

神 100 000
西 000 010
  000=1
  001X=2
[投手]
(阪神)
フォッサム-西村-渡辺
(西武)
涌井
[勝ち投手]
涌井 8勝 3敗
[負け投手]
渡辺 1勝 2敗


正直、涌井から先制点をもぎ取れるとは思いませんでしたけど、得点が僅か1点では心もとなかったですね。
フォッサムは涌井に負けじと、甲子園の時より良かったと思います。

ただ、5回裏にランナー一塁の場面で、片岡の打球を桜井がスライディングキャッチし損ねて三塁打にしてしまい、同点にされたのは頂けませんね。(○`ε´○)
何度同じミスを繰り返せば気が済むんだか・・・!!(`へ´)=3

フォッサムは6回で球数が100球を超えていたので、交代させたのは正解でした。
もし続投なら、月曜日の対福岡ソフトバンク戦における、スタンリッジの悪夢再びとなっていたと思うだけに、その点は良かったです。
フォッサムの後を継いだ西村は復調したのか、2イニングを無失点に抑えた事は良かったです。(*^∀^*)

ただ、9回の表裏でタイガースにとっては痛い拙攻とミスがあり、結果的には涌井に9回を完投されてのサヨナラ負けを喫しました。(´へ`;)ハァ

表の攻撃で、球数を130球台を超えた涌井から、二死ながら一・二塁と攻め立てましたが、新井が倒れて無得点。
裏の守備で、渡辺は先頭打者のG.G.佐藤に四球を与えてしまいました。
その後二死二塁の場面で迎えた打者は、同点タイムリー三塁打(桜井の拙守付き)を放った片岡。
片岡はチームのムードメーカーという役割の為、一度打ったら手に負えない選手だと思うので、僕としては片岡を敬遠して、次の栗山と勝負して欲しいと願いましたが、バッテリーは正々堂々と勝負して、サヨナラタイムリーを打たれました。_| ̄|○

正直、涌井にやられると思ってたので、想定内だと思う反面、対涌井5連敗をしたくないと思う複雑な心境だったのは事実です。
ましてや、涌井から先制点を取ったのだから尚更です。

まず、拙守を繰り返してばかりいる桜井へ。
無理してスライディングキャッチをするなよ!!(○`ε´○)
同じミスをして、三塁打にされてばかりいるのは、お前の拙守の所為である事がまだ分からんのか!?ヽ(*`皿´*)ノ

チャンスに弱い新井へ。
正直、中軸から降りて下位で打つか、結果が出てないのに継続しているフルイニング出場は、もういい加減に止めたら?(○`ε´○)

仙台の悪夢を再現させてしまった渡辺へ。
先頭打者へ四球を出す位なら、打たせた方が良かったんじゃないの?(;-"-)
同じミスを繰り返すのは、止めて頂戴。(○`ε´○)

想定内とは言え、埼玉西武戦の負け越しが決まりました。_| ̄|○
明日負けたら、最悪の4戦全敗かつ、交流戦の負け越しも決まります。(´へ`;)ハァ
明日は下さんvs天敵・石井一久でしょう。(;-"-)
西武ドームを二年連続で鬼門にしない為にも、虎の意地を獅子へ見せつけて欲しいですね。(;-.-)=3
  1. 2010/06/09(水) 22:36:41|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明日から対埼玉西武戦・所沢ラウンド

日本生命セ・パ交流戦、タイガースは残り4試合となり、明日から所沢・千葉と首都圏での試合4試合で、1ヶ月にわたるパ・リーグとの戦いが終わります。
明日は西武ドームで、埼玉西武ライオンズと戦います。

甲子園ラウンドの時は、石井一久・涌井秀章の2人にやられて連敗を喫しました。
明日・明後日は十中八九、この2人と再戦するでしょう。
技巧派左腕・帆足の線は、順番的にほぼないですね。
石井一久はスワローズ在籍時から、タイガースをカモにしているタイガースキラーです。
涌井は言わずもがな、ライオンズのエースです。
しかも、石井一久は西武ドームでの先発登板試合に強く、涌井相手には未だに勝った事がありません。(´へ`;)ハァ

しかも、タイガースは不安定なフォッサムが先発すると思います。
あと1人が誰なのか読めませんが、僕としては出来ればナイターで安定している下さんが良いかなぁと思います。
下さんはデーゲームを苦手にしてますから、千葉でのデーゲームにはなるべくなら登板させないで欲しいですね。(でも本来なら、プロなんですから、苦手分野を作っちゃダメなんですけど。)

先発投手力が正直、見劣りしてますし、攻撃面でこの2人を攻略できるかどうか、微妙ですね。(´へ`;)ハァ
従って最悪、対埼玉西武戦4戦全敗の恐れも十二分に考えられます。ii||ll_| ̄|○ll||ii

ただ、唯一穴があるとすれば、昨年黒星を付けた石井一久ですかね。
涌井は攻略出来そうで、なかなか攻略出来てません。(´へ`;)ハァ

4戦全敗と最悪の結果を想定しながら、1つでも勝てたら良いと思って、気楽な気持ちで見届ける事にします。(;-.-)=3

その分を次の千葉ロッテ戦で、2つ勝てたら良いかな、と思います。

ただ、交流戦の成績が、昨日の試合を終えて、9勝10敗1分けと、引き分けがある分3つ勝たないと、2年連続で交流戦の負け越しが確定します。(´へ`;)ハァ
交流戦を勝ち越す為には、埼玉西武戦で最低限1つ勝って、千葉での試合に挑んで欲しいですね。

え、なぜ千葉で2勝かって?
そりゃあ、僕が土日に観戦するからに決まってるし、昨年観戦連敗の借りを返す為にも連勝して欲しいし、連勝するしかないに決まってるでしょ!d( ̄∇ ̄;ゞ wwwwwwwww
  1. 2010/06/08(火) 19:43:15|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。