虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

樽見鉄道の旅









今日は母の用事で車を運転しなければならなくなり、交代で運転しながら、母の故郷である滋賀県米原市まで来ました。

母とは到着後に別れ、僕は荷物を持って米原駅へ。
米原駅は明らかに、昔親しんでた駅ではなくなってました。

米原から大垣まで東海道線に乗り、樽見鉄道と言う第三セクターローカル線に乗ります。
樽見鉄道は昔国鉄神海線でしたが、赤字路線だった為第三セクターへの転換を余儀なくされ、後に神海から樽見までの現在の全区間が完成し、今に至ってます。
しかしながら、国鉄時代から続く赤字は全く解消されてないので、存続が危ぶまれてます。
そこで今回、このローカル線を使って行こうと思ったのです。

利用した切符は大垣~樽見までのフリー乗車と、樽見駅から無料送迎バスで行くうすずみ温泉の入浴券がセットになった商品で、値段は2200円。

が、今日の岐阜県美濃地方は大雨が降ったり弱まったりで、しかも風も少し強めなので、余計歩きにくかったです。

途中、本巣で接続列車に乗り換え樽見に着くと、目の前に無料送迎バスが停まってたので、早速うすずみ温泉へ。
田舎の為、頻繁にバスが来る訳じゃないので、時間とにらめっこしながら、温泉へあまり長居はしませんでした。
そして、湯上がり後にはお約束の、腰に手を当てての瓶牛乳一気飲み。(笑)

日帰り入浴施設と道を隔てて反対側にある道の駅で、お土産を買おうとしましたが、自分の希望する物はなく、諦めてバスで樽見へ戻りました。

再び樽見駅に着いたら、大雨がひどく、淡墨桜へ辿り着けるのか不安でした。
淡墨桜は根尾川を見下ろす高台の上にありますけど、そこへ辿り着くまでが大変でした。

樽見駅からおよそ15分かけて辿り着いた淡墨桜は、残念ながら葉桜すら過ぎてて、花びらはどこにも見られませんでした。
そこでお土産を買うついでに、土産物屋のお婆さんに尋ねると、先週が事実上最後の開花で、一週遅かった事を知り苦笑いするしかありませんでした。

大雨の中さくら記念館へ行き、早足で観覧しました。
終わった後はジーンズの膝から下の部分と、せっかく履いて来た靴の爪先が濡れてしまいました。(涙)

大雨の樽見から上り路線に乗り、帰りは当初織部にある道の駅へ立ち寄ろうかと思ったものの、雨が弱まらない事と、本巣から北のダイヤ本数の少なさを考え断念しました。
そこで、この樽見鉄道で一番新しく開業したモレラ岐阜で途中下車し、遅い昼飯を食べる事にしました。
(何を食べたのかは別のブログにて。笑)
スポンサーサイト
  1. 2011/04/23(土) 21:23:49|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕と新潟

先週土曜日、オールスター第2戦が行われた新潟へは、子供の頃からスキーで数回行った事がありますけど、その時の思い出はもう、今からおよそ30年ぐらい前の事なので、ほんの少ししか覚えてません。

大人になってから、大学時代に当時所属していたサークルの冬合宿で苗場へ行ったぐらいで、苗場へ折角行ったのに、スキーを全然しない有り様。(爆)
更に社会人になってから、上越新幹線で新潟へ行って、信濃川に架かる万代橋を見ただけです。

新潟からの帰りに駅弁として、雪だるま弁当を食べましたし、その前夜、下戸の癖に越乃寒梅を飲んで、顔を真っ赤にした事ぐらいしか、地元の美味い食べ物or飲み物を賞味した事がありません。(下戸なので、お酒の味がほとんど分からない。www)

新潟は首都圏から近めですけど、一人旅でほとんど行ってないので、いつか行く機会を見つけたいですね。
美味い食べ物が豊富ですし、歴史や文化もありますから。
  1. 2010/07/26(月) 21:06:31|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕と長崎

今日、フレッシュオールスターゲームが長崎はビッグNスタジアムで行われると言う事で、今回は長崎について書きます。

長崎へ行ったのは今から2年前の2月。
行きは東京から今はなき寝台急行「銀河」で終点の大阪まで乗り、東海道線で一駅新大阪まで戻り、新大阪から博多までは山陽新幹線、博多から白いかもめに乗って長崎へ向かいました。

昼頃に着いた長崎では、グラバー園へ行き、大浦天主堂、孔子廟などを観光した為、元祖の店でちゃんぽんを食べる時間がなく、昼食を諦めました。(´へ`;)ハァ

実はこの時期、ランタンフェスティバルが行われていて、市内は観光客で一杯でした。
その影響で、目当てのお店にて、ちゃんぽんが食べられなかったんです。

その後浦上地区にある平和公園へ行き、ビッグNスタジアムの外観を見た後に、思案橋でトルコライスとミルクセーキを食べ、カステラをお土産に買ってから、行きとは別ルート経由で、翌朝に備える為に諫早のホテルへ行きました。

翌日は島原鉄道に乗る為に朝一番の電車に乗って終点の加津佐(今は運行区間が短縮され、島原外港が終点)まで乗り、直ぐに折り返して原城で途中下車。
原城は島原の乱に登場した原城跡の最寄り駅で、城跡の高台からの眺めは素晴らしかったです。

島原まで戻り、島原城を観光した後、具雑煮を食べ、駅周辺のあちこちを観光した後、安徳からかなり歩いて火山博物館へ行きました。

その後、島原外港のホテルの外来入浴で、天然かけ流しの温泉に浸かり、地元のフグ料理を堪能してから諫早へ戻り、翌日千葉へ帰りました。

長崎市内観光では、あまり満足した観光が出来なかったので、次回旅した際には、存分に楽しみたいです。
  1. 2010/07/22(木) 10:11:11|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕と岡山

タイガースは明日、岡山県倉敷市にあるマスカットスタジアムでホームゲームを主催します。

僕は過去、倉敷市へは電車で通った事がありますけど、実際に行った事はまだありません。
ただ、県庁所在地の岡山市へは3回行きました。
日本三名園の一つ・後楽園、烏城の異名を持つ岡山城、歴史関連の美術品を展示している林原美術館を観光し、表町という商店街の食堂「やまと」にて、中華そばを食べました。
岡山のラーメンは中華そばと呼んでいて、豚骨醤油のスープがまろやかです。
このお店は、岡山でしか食べられない、デミグラスソースがかかったor浸かったカツが丼飯の上に載る、デミカツ丼なるメニューも看板商品で、僕はその時食べてませんが、また岡山へ行った際には食べてみたいものです。
そして、岡山は祭り寿司やママカリ寿司などの郷土料理がありまして、駅弁にもなっている位有名です。
他にも、えびめしなるB級グルメもあります。

銘菓として、桃太郎で有名な吉備団子があり、各社商品を食べ比べましたけど、上品な甘さのお陰でどんどん口にしちゃいますね。(笑)

そして、岡山市内には路面電車が走ってます。
この路面電車は岡山駅前から2路線ありますが、全区間乗り尽くしました。

県内では岡山しかまだ行ってないので、倉敷、笠岡、日生、備前、総社、高梁、津山などなど、歴史や美味しい食べ物が沢山あるので、いつかまた行きたいですね。
  1. 2010/07/05(月) 19:02:17|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

僕と鳥取(プラス島根イコール山陰)

一昨日、昨日とタイガースは鳥取県米子市にてカープとの試合を戦い、連勝で終わりました。
今日は試合がないので、試合が行われた鳥取県について書きたいと思います。

僕は過去、鳥取へは二度行った事があります。
最初に行ったのはミレニアムイヤーの2000年夏。
その時は大阪から当時あった夜行快速に乗って、先ずは出雲市へ行き、一畑電車に乗って出雲大社へ参拝しました。
現地で出雲そばを味わった後、玉造温泉の日帰り温泉に浸かり、松江へ移動して松江市内を観光しました。
その後米子へ移動して、皆生温泉の日帰り温泉に浸かって、夜行快速で大阪へ向かったのです。

二度目は2005年夏。
夜行バスで京都まで移動し、山陰線に揺られて餘部で途中下車し、今年コンクリート橋へ建て替えられた余部鉄橋を駅から、鉄橋の下からと眺めながら写真を撮り続けたものです。

その後、鳥取まで移動し、鳥取砂丘の壮大な景色に見とれ、夜は鳥取市内に湧く温泉銭湯4軒全てハシゴした後で、お寿司をつまんだものです。

翌日も鳥取市内を観光してから、米子乗り換えで境港へ行き、ゲゲゲの鬼太郎の世界と一体化した海沿いの街を、ぶらぶら歩きながら観光しました。
米子市内のホテルを予約してた為、米子まで戻って、ホテルの真っ正面にある寿司屋で赤貝ご飯を美味しく戴きました。

結局、鳥取県内で観光した都市は米子、鳥取、境港の3都市です。

鳥取にはもう一つ、倉吉があり、倉吉には風情のある街並みや、三朝温泉があります。

更に鳥取市内から少し離れた所にある賀露(かろ)漁港周辺には、美味しい魚介類を食べさせてくれる食事処があります。
美味しい魚介類を食べさせてくれるのなら、境港もオススメです。

そして鳥取市がカレールウ消費量日本一という事から、カレーで町おこしをしているようなので、カレーも食べてみたいですね。

過去二度とも完全に観光したとは言えないので、その時に行ってない所へも行きたいですし、一度行った所へも再び行きたいですね。

でも、鳥取へ三度目に行くのは、いつの事になるのやら。(笑)
  1. 2010/06/24(木) 19:36:21|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。