虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

横浜・伊勢佐木長者町「玉泉亭」のサンマー麺とシュウマイ






伊勢山皇大神宮で必勝祈願参拝を済ませた後、市営地下鉄のブルーラインで桜木町から伊勢佐木長者町まで移動しました。

目的は「玉泉亭」という中華料理屋さんです。
このお店は大正年間に創業された、歴史のあるお店です。
実はこのお店が、横浜のご当地ラーメンの1つである、サンマー麺の元祖と言われてるんです。
サンマー麺とは、醤油ラーメンにもやしを中心とした野菜のあんかけがかかってるラーメンの事です。
横浜では近年、家系と言われる豚骨醤油ラーメンがブームになりましたが、このサンマー麺は家系ラーメンよりも前にありました。

このお店で、僕は当然の事ながらサンマー麺と、付け合わせにシュウマイを注文しました。

サンマー麺は細縮れ麺が醤油ベースのスープによく絡んで合い、それに野菜の入ったあんかけが上手く絡んで美味しいです。
スープは最後の一滴まで飲める位、美味いです。

そして、サイドメニューのシュウマイは4個入り。
手作りならではの味が、歴史ある店内ともマッチし、重厚感を漂わせます。
出来立てのほくほく感が美味かったです。

また、是非とも利用してみたいですね。

http://www.yokohama-norenkai.jp/gyokusentei/index.htm
スポンサーサイト
  1. 2011/07/17(日) 17:58:24|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

品達どんぶり・伝説のすた丼屋品川店の特すた丼



映画を見終えた後、品川で食べる場所が多くて、どこにしようか迷いました。

映画館の真向かいには秋田県のアンテナショップがあり、稲庭うどんや比内地鶏やきりたんぽなどを食べさせるお店が併設してあります。

見た映画が東北を舞台にしたので、同じ東北の食べ物を食べる事で、東北の手助けをしようかと思いましたが、値段がやや高めなので諦めました。
で悩みに悩んだ結果、前々から食べてみたいすた丼が品川駅の京急線高架下にあると知り、行ってみました。

すた丼とは、今から丁度40年前に東京都多摩地区で発祥した、豚肉をにんにく醤油で絡めて炒め、最後に生卵の黄身を落として完成の、ボリュームある丼です。

注文はこの品川店でしか食べられない特すた丼。
生ハムやチーズで有名な北イタリア産ブランドホエー豚を使用してるのですが、この特すた丼は肩ロース肉を使用してるとの事。
すた丼とは盛り付けが違い、生卵の周りは白髪ネギ、付け合わせの沢庵は千切りにしてあります。
更には、にんにくがスライスごと入っていて、食感を楽しませてくれます。
これに味噌汁が付いて、値段は夏目漱石一枚でお釣りが来る安さ。
まさに早くて、安くて、美味い丼です。

一口目はそのまま。
意外と味は濃いめですけど美味いです。
二口目は、真ん中に載ってる黄身を崩して肉と絡めながら食べると、これも美味いです。
三口目は、すりおろしたにんにくをかけて食べました。
四口目は、にんにく醤油を垂らして食べ、五口目は豆板醤とラー油で刺激をつけながら食べました。
このように、いろんな食べ方で楽しめるのが、すた丼の良い所だなぁと思います。
しかも普通盛りでも、結構なボリュームがあり、満腹感と満足感を味わえます。

ごちそうさまでした。
今度はすた丼を食べて、いろんな食べ方を試してみたいです。(笑)

http://www.antoworks.com/
  1. 2011/06/19(日) 21:34:15|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天下一品の餃子定食プラス特製ラーメン鉢






映画「阪急電車」観賞後、時刻は3時ぐらいで遅めのお昼ご飯となりました。

そこで、このショッピングモール・オリナスから近い蔵前橋通り沿いにあるラーメンチェーン店・天下一品へ入る事にしました。

この天下一品は京都に本店を置くラーメンチェーン店で、特徴は鶏ガラと野菜をグツグツ煮込んでドロドロにした、黄白色のスープです。
天下一品では、ラーメンのスープをこってりかあっさりで選べるラーメンがあり、定食のメニューでも、スープのタイプを選べます。

そこで僕は餃子定食にしました。
当然、ラーメンのスープはこってりです。

天下一品は以前利用した事があるので、こってりスープのラーメンを食した事がありますけど、どれくらいご無沙汰だったか記憶が薄いくらい久しぶりでした。(笑)

ラーメンのスープを一口飲むと、懐かしい味でしたし、麺が絡みやすいんです。
このスープをレンゲで掬って飲みながら、定食に付いてる白いご飯を食べると美味いですし、備え付けのニンニク調味料を付け加えると味が深くなります。

餃子定食を平らげ会計を済ませると、何とテレビ朝日系列芸人トーク番組「アメトーク」とのコラボキャンペーンによるスピードくじを引く事になり、引いてみると、幸運にもアメトークコラボ特製ラーメン鉢が当たりました。
勿論、当たる確率は高くないですし、一等の商品だろうと思います。
他のお客さんが引いたら、割引券がほとんどだったと思いますし。
勿論、家宝にさせて頂きます。(笑)

こんな幸運、いつ以来だろ?(笑)

http://www.tenkaippin.co.jp/
  1. 2011/05/15(日) 23:30:23|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちゃんぽん亭総本家の、和風ちゃんぽん・鳥の唐揚げ・ねぎまみれ餃子




およそ1ヶ月前の出来事です。

先月岐阜へ行った時の事。
樽見鉄道に乗って、大雨降る中樽見で温泉に入ったり、淡墨桜の木を見て博物館へ行った後、樽見からの帰りに遅めのお昼ご飯を食べる為に、モレラ岐阜で途中下車しました。

モレラ岐阜は、大型ショッピングモールです。
岐阜駅からバスでも行けるショッピングモールですが、樽見鉄道に乗ったからにはここで降りる事にしました。

ショッピングモールは縦長にだだっ広く、パンフレットがないと迷うくらいの広さでした。
その中のフードコートには種類が豊富なお店が多く、どれにしようか迷いました。
ナゴヤドーム観戦前にイオンショッピングセンターのフードコートで利用した、スガキヤもあります。
讃岐うどんで全国展開してる丸亀製麺もあります。
その中からチョイスしたのは、彦根が生んだ和風ちゃんぽんを売り出すちゃんぽん亭でした。

彦根は親父の故郷なんです。
ですが、彦根が生み出した和風ちゃんぽんを、僕は未だに食べた事がありませんでした。

注文は和風ちゃんぽん・鳥の唐揚げ・ねぎまみれ餃子の三品。

和風ちゃんぽんは、野菜・豚肉、木耳などが沢山入った具と、ダシが和風であっさりしてて食べやすく、半分くらい食べた所で、備え付けのお酢を入れて食べると、まろやかな味になりました。

鳥の唐揚げは見た目的にも竜田揚げで、衣もサクサクしてました。(笑)

普通の餃子より、変わり種のねぎまみれ餃子は、文字通り青ねぎがたっぷり焼き餃子にまみれてて、タレがかかってる一品で、これも美味しく頂きました。

三品完食した所で満腹になりましたが、満足感はありました。(笑)
ごちそうさまでした。

http://www.malera-gifu.com/page/

http://www.chanpontei.com/
  1. 2011/05/15(日) 20:24:24|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新潟タレカツ丼タレカツ神保町本店の二段もりカツ丼





神田明神での必勝祈願後、お昼ご飯を食べる事になり、学生街である水道橋界隈は飲食店が多いので、どこにしようか迷った結果、この新潟タレカツ丼タレカツ神保町本店にしました。

注文したのは二段もりカツ丼。
上に醤油ベースの甘辛いタレ(味的にはうな丼のタレと同じ)に浸かったカツがご飯の上だけでなく、ご飯の中にも埋まってる、二段重ねのカツ丼です。

味は正にうな丼感覚のカツ丼でしたけど、新しい食べ方のカツ丼を美味しく頂けました。

御馳走様でした。

http://www.tarekatsu.jp/
  1. 2011/05/05(木) 13:14:11|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。